今後お店のブログで整えておきたい6つの機能と形

内藤です

昨日今日は、台風が過ぎた後で真夏のような暑さでしたね。
強い台風でしたが、どこもあまり大きな被害がないことを願っています。

鹿島に行ってましたが、本当に真夏を思わせるような海日和でした。

さて、昨日のブログ記事がFacebookからもアクセスが流れて読まれてました。

・ブログを始めてから、ファンができるまでにやるべき5つのこと

ブログを始めてから、ファンができるまでにやるべき5つのこと

これは僕がブログをはじめてから実際に取り組んだことです。

ブログは”わざわざ”自分のところに読みに来てくれるものだし、時間が経っても読まれる媒体です。
だから、なんだかんだとブログはずっと残ると思っています。

そして、ブログで特に今後欲しい機能や形があります。

それは、

・スマホ対応(レスポンシブデザイン)
・記事下への定型文挿入
・記事内での見出しの目次化(検索対策としても)
・SSL化(セキュリティ強化)
・固定的なページが作れる
・LP(販売ページ用テンプレート)

ワードプレスなら、これらのことが可能になります。

テンプレートによっても多少異なりますが、僕は選ぶ時に上記のことができるかが基準にしています。(「ワードプレス構築動画講座」では、これらが可能になっているテンプレートも配布しています。)

ブログで整えたい機能や形

簡単に説明していきますね。

スマホ対応

今スマホで見る人は、7割、8割です。
スマホでも見やすくデザインが切り替わることは必須です。

これが未対応のホームページも、まだ沢山見かけます。

具体的に言うと、スマホで見た時に拡大しなくても文字が読めるか、ボタンが押せるかなど。

今すぐチェックしましょう。

記事下への定型文挿入

読者は記事を読んだ後というのが、最もアクションを起こしやすいタイミングです。
なぜなら、文章を読んで心が動くから。

ですから、記事下には、「メニュー」とか、「問合せ」とか、大事なページへのリンクや情報をいれないといけません。

ワードプレスは、これが全記事に一括で挿入できます(テンプレートにもよります)

記事内での見出し目次化

この記事でもそうですが、記事内の「見出し」が目次として表示されるようになっています。
目次の項目をクリックすると、その見出し位置までジャンプしてくれます。

見出しを自動的にリンク付きで目次化してくれる

これは読者が読みやすくなることもありますが、検索エンジン対策(SEO)としても効果的です。

ワードプレスや、はてなブログにはこの機能やプラグインがあります。

SSL化

アメブロも今年常時SSLになりましたが、セキュリティの強化になります。

URLの部分が、「http://」ではなく、「https://」と「s」が付くようになり、「保護された通信」と表示されます。

お申込みフォームや問合せフォームを設置している場合は今後必須の事項です。
今後、検索結果にも影響してくる可能性が大です。

固定的なページ

例えば「会社概要」とか、「アクセス」とか、「メニュー」など日々の更新性がない内容のものを固定的においておけるページです。
ブログも記事を書くと、流れてしまいますから、メニューバーやサイドバー、記事下にリンクをおきたいです。

その時、日々のブログ記事とは別で、固定的なページがあれば管理しやすくなります。

ワードプレスは、元々、日々のブログ記事の「投稿」と、固定的なページが作れる「固定ページ」の2種類が用意されています

LP(ランディングページ)

ランディングページとも呼ばれますが、サイドバーやメニューバーなどがない、1カラムのページ

サイドバーやメニューバーがないと、集中してその記事を読んでもらうことができます。
ですから、販売に関するページやメルマガ登録のページなどは、このLP化されたものがオススメです。

これらの項目が揃っていると、ブログが手放せないメディアになります。

自身のブログで、整っているか確かめてみてくださいね

募集中のセミナー

自然体な自分でファンを増やすSNS活用セミナー
11/21 大阪

自然体な発信でファンを作るSNS活用セミナー
12/12 東京 サンクチュアリ出版

内藤 勲メルマガ

TwitterやFacebookでも発信しています