好きなことだけ〜の解釈を間違わないようにしたい

今、「好きなことだけで生きていく」とか、「やりたくないことはしない」とか、ちょっとしたブームですよね。

こういった内容の本も沢山でています。

僕も、好きなことはやったほうがいいと思うし、やりたくないことは我慢してまでやらないほうがいいと思っています。

その方がストレスなく、自然体で生きられますからね。

でも、

好きなことだけして生きていく。
その結果、誰が喜んでくれる人がいた。
 
楽しいことをやり続ける。
その結果、役に立てる人がいた。
 
「その結果」があることが大事で、喜んでくれる人がいるから仕事として成り立つと思ってます。
 
好きなことだけ、楽しいことだけするのは出来ると思いますが、ビジネスにするなら、やっぱり相手がいてこそです。

だから

・好きなこと
・出来ること
・喜んでもらえること(やるべきこと)

このバランスって大事です。

出来ることだし、喜んでもらえることだけど、大っ嫌いなことなら続けられなくなります。
結果、喜んでもらえなくなります。

また、誰も喜んでくれないけど、好きだし、出来ることだけなら、ジャイアンのリサイタルになってしまいます。

受け取る人は自分自身に一番興味があります。
自分に関係のないものには興味を示してくれません。

だから、その相手を喜ばすという視点を忘れてはいけないと思うのです。

それに、誰もが誰かを必ず喜ばせられる存在です。

好きなことだけ〜
やりたくないことはやらない

と言われる今だからこそ

・好きなこと
・出来ること
・喜んでもらえること(やるべきこと)

この3つが出来ているか確認したいですね。

独りよがりの間違った解釈をしないように気をつけましょうー

僕もいつも振り返るようにしています。

募集中のセミナー

自然体な発信でファンを作るSNS活用セミナー
12/12 東京 サンクチュアリ出版

内藤 勲メルマガ

TwitterやFacebookでも発信しています