伝え方が下手な人のための3つのコツ!伝わる記事の書き方

内藤です。

3週間前に始めた「個人ビジネスのためのWEB集客の教科書」ですが、ダウンロードしてくださった方が1000名を超えました!

時間かけて作ったので、多くの方が使ってくれればなと思います。
ご紹介くださった方は教えてくださいね。めっちゃ喜びますから(笑)

ちなみに「ネットでファンを作る7つの質問」の時は1ヶ月で1500人でした^^;

伝え方が下手な人のための3つのコツ!伝わる記事の書き方

さて、今回はタイトルにあるように、伝え方が下手な人のための3つのコツ!伝わる記事の書き方について。

伝え方が下手な人の文て特徴があります。

  • 説明が(一文が)長い
  • 読者の視点がない
  • イメージがわかない

1つ1つ、伝わるように説明しますね。

伝え方が下手な人:説明が長い

伝わらない人は、説明がくどくどと長いことが多いです。
文章だと1文が長い。

「。」(句点)がなかなか出てこず、「、」(読点)が続きます。

例えば、こんな文章。

ツールって便利なもので、手間のかかることを代わりにやってくれるので、ツールに任せてしまえば時間ができますから、その分違うことに取り組むことができますが、使い方を誤るとマイナスの効果になります。

「、」が続いて内容が入ってこなくないですか? (笑)
しかも、読みにくい。

同じ内容でも「。」を早く入れるようにすると伝わりやすくなります。

ツールって便利なものです。
手間のかかることを代わりにやってくれます。
ツールに任せてしまえば時間ができますから、その分違うことに取り組むことができます。
でも使い方を誤るとマイナスの効果になります。

どうでしょう?

2つ目の方が伝わると思います。

1つ目のコツは、『「。」を早く打って1文を短くする』です。

伝え方が下手な人:読者の視点がない

2つ目はの伝え方の下手な人の特徴は、読者の視点がないということ。

自分がわかっていることを、読者もわかっているつもりで書いてしまいます。

例えば、専門用語を使うとか。

コブの裏を脚を進展させながら、バンクの部分に、スキーのトップから入って圧をかけていきます。
バンク部分に入ったら、脱力してコブの頂点を超えます。

これわかりますか??
言葉が意味不明な人もいます。

自分が使いたい言葉ではなく、相手がわかる言葉にしましょう。
専門用語もわかりやすく言い換えられます。

コブの下り斜面では足を伸ばしながら滑り、コブの頂点では低い姿勢になりましょう。
スキーなるべく横に振らずに直線的にします。

2つ目のコツは、『読者がわかる言葉を使う。』です。

伝え方が下手な人:イメージがわかない

伝え方が下手な人の文は、イメージがわかないものが多いです。

それは、ストレートに言い過ぎていたり、あるいは自分の言葉じゃなかったりするから。

イメージがわく文章は、その人の経験話だったり、例えを出していたりします。

例えば、

「SNSはフローメディアなので、反応の即時性はあるけど、持続性がない」

という説明を

「SNSは道路の横に立っている看板のようなものです。車を運転していて、目には入ってくるけど、1つ1つをじっくりは見ません。興味のあるものは見ますが、その看板がなくなったら見られなくなります。」

「SNSは、人混みの中でビラをまくようなものです。沢山の人に見てもらうことができますが、受け取ってもらえるのはビラ配りしてる時だけなんです。」

としたほうがイメージできると思います。

そのまんま書くよりも、経験談、例え話はイメージがわきます。

また、経験談だと、自分にしか書けない文になり、人柄も伝わります。

3つ目のコツは、『経験談や例え話をする。』です。

まとめ

たったこの3つを意識するだけでも、伝わる記事になります。

「。」を早く打って1文を短くする。
読者がわかる言葉を使う。
経験談や例え話をする。

この記事もこれを意識して書いています。

伝えるのが苦手という方は参考にしてみたくださいね

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください