読む人が満足するブログの作り方!明確にすべき2つのこと

読まれるブログの書き方

内藤勲です。

「1投稿1集客が実現しています。」という嬉しいご報告をいただきました。

質の高い、ファンに読まれるブログ

メールセミナー50回、大変満足のいくセミナーでした。
内藤さんの考え方にはたくさんの共感があり、自分自身に確信を持つ機会をたくさん与えて頂きました。
本当にありがとうございました。

(中略)

秋から1投稿1集客が実現しています。(今までは5投稿1集客ぐらいのペースでした。)
ブログ更新日のアクセスもジワジワ上がってきています。
質の高いブログを更新する。今まで何度も言われてきましたが、内藤さんのメールセミナーを受けて、やっとです。その意味を理解することができました。
具体的に、どういうものが質の高いブログなのか、教えて頂きありがとうございました。

報告をくださったのは、プロも通う「SAWAのスワロデコ教室」神戸・六甲 プティプレジールの奥谷佐和子さん。

奥谷さんは、ブログを毎日更新しているわけではありません。
でも、質の高い、ファンに読まれるブログを書いているので、1投稿1集客が実現しています。

質の高いブログとは、「読んだ人が満足するブログ」

質の高いブログって何かというと、「読んだ人が満足するブログ」です。
質が高いかどうか、その価値を決めるのって読者さんですから。

ただ、全ての人を満足させるのって無理です。
満足する人がいれば、物足りなく感じる人、難しく感じる人が必ず出てきます。

だからこそ、

・誰に向けるかを明確にする
・何が得られるのかを明確にする

このことが大事です。

誰に向けるかを明確にする

みんなに向けて書くのではなく、誰に向けるかを明確にします。
向ける相手を明確にしたら、その人が知りたがっていることを書きます。

対象がみんなだと、みんなを満足させるのって難しいです。
知りたいことって人それぞれバラバラですから。

でも、向ける相手を決めてしまうと、何が知りたいのかもわかります。
調べられるし、直接聞くこともできます。

知りたい情報を出せば喜んでもらえますよね。

万人に向けずに、向ける相手を決めましょう。
過去の自分に向けるのもアリです。

何が得られるのかを明確にする

読者さんは、「どうなるのか?」に一番興味があります。

悩み事を解決してくれるのか
問題がクリアになるのか
どう変化するのか

など。

やり方やノウハウなどの手段を知りたいのではなく、目的を達成できるかどうかが一番気がかりです。

ちゃんと痩せるのかとか、 どれくらい痩せるのかなど。

それが達成できるなら、ぶっちゃけバナナダイエットだろうが、炭水化物抜きだろうが、記録だろうが、なんでもよかったりします。

欲しくのは、手段ではなく目的ですから

 

・誰に向けるかを明確にする
・何が得られるのかを明確にする

この2つのことを明確にして、読んだ人が満足する質の高いブログを作りましょう!
 

今回紹介した奥谷さんも、向ける相手を絞っていますし、何が得られるのかも明確です。

ちなみに奥谷さんが受けてくださったメールセミナーはこちら。

自然体な発信でファンが生まれるネット活用メールセミナー

タイトルとURLをコピーしました