ブログを書く上で、もっとも大事なこととは

内藤です。

ブログを書く上で、もっとも大事なことはなんでしょう?

SEO?
毎日更新すること?
文字数?
何のブログサービスを使うか?

いえいえ、もっとも大事なことは
「読者が喜ぶことを書く」
ということです。

読者が喜ぶことを書こう!

どんなにSEO対策しても、毎日更新しても、長い文章書いても、評判のいいブログを使っていても、読者が読みたいと思えないものは読まれません。

「SEO対策しなきゃ」
「毎日書かなきゃ」
「1000文字以上書かなきゃ」
「WordPress使わなきゃ」

と思いがちですが、そんなことは二の次、三の次です。

自分用の日記ならば自由ですが、ビジネスに活用しようとか、集客用に使おうとするなら、「読者が喜ぶ内容を書く」これが絶対に必要です。

Googleだって結局は、読者に対して有益な情報を出しているサイトを上位に表示させますから。

もちろん、SEO対策したほうがいいし、毎日書けたほうがいいし、1000文字でも3000文字でも書けたほうがいいです。

でも、それが目的になってしまっては、本来の目的を見失いやすいです。

それに、「読者が喜ぶ記事を書こう」と思って実際に喜んでもらえたら、結果それがSEO対策になるし、沢山更新したくなるし、長い記事にもなります。

だから、とことん、喜んでもらえる記事を書きましょう。

そして、大事なのは、自分が勝手に「喜ばれるだろう」と思う記事を書くのではなく、確実に喜ぶ記事を書くことが大事です。

確実に喜ばれる記事ネタの見つけ方はこちらを参考に。