facebookは、関心と信頼を高める場

内藤です

facebookって、ビジネスにとても活用できるものですが、何かを売る場所ではないと僕は思っています。
売り売りの投稿って嫌じゃないですか〜

facebookは、関心と信頼を高める場所だと捉えています。

facebookを見てるときって、ボーっと眺めていることが多くないでしょうか?

1つ1つの投稿をじっくりと見るというよりも、スクロールして、面白そうな投稿があったら読む、みたいな。

何度も書いてますが、何か悩みを解決しようと思ったり、購入するものが決まっているならアマゾンや楽天やGoogle使いますよね?

だから、いきなり何か告知されても「欲しい」ってならないです。
売る前に、関心を持ってもらったり、信頼してもらうことが必要です。
何かを買ってもらう前に、ネット上でファンになってもらうってことです。

だから僕はfacebookの「イベント」は使いません。
よっぽど名がしれた方や影響力のある人じゃないと、反応が得られにくいからです。

■参考記事

Facebookのイベント招待が嫌がられるわけとは
内藤です 7つの質問を全て(8通)読み終えた読者さんから、 7つの質問を通して、僕が言わんとしていることを意識して接客したら、新規のお客...

セミナーや何かイベントをやるなら、ブログで告知記事を作り、facebookで関心が湧くようにして、告知記事にリンクさせます。
その方が、読み手もクリックした上(関心が湧いたから)で読みにくるので、嫌がられません。

Facebookでは、何かを探しているわけではない(ニーズに気づいていない)ので、まずは気づかせる(興味を持たせる)ことが大事です。

それには、問いかけが効果的。

■参考記事

SNSで読むと欲しくなってしまう問いかけの仕方
今日はFacebookやツイッター、Instagramを何回開きましたか? いいね!は、何回つけましたか? さて、今、「何回開いたっ...

関心や信頼を高めるのって、何も役立つ投稿ばかりではありません。

面白い投稿や、人が見える投稿、共通点・共感が持てる投稿など、いろいろと手段はあります。

「あ、この人面白い!」とか、「この人同じ出身!」とかから、「何やってる人だろう?」と、人→サービスへ興味関心が移ることってあると思います。

それをするのがFacebookをはじめとするSNSだと僕は考えてます。

顕在化したニーズに応える場所ではないので、時間はかかります。

でも、その分良いお客さんになってくれることもあるのです

■参考記事

【事例】チラシや検索から来るお客様と、SNSから来るお客様との大きな違いとは
内藤です 今日は、今僕のところで学んでくれているまぁるさんの、小顔セルフケアメソッド「マシュマロ・タッチ」が特集された雑誌の発売日 ...
Facebookで自己開示することで得られる信用・信頼
内藤です。 ネットで自分のことを開示する人が増えてきていますよね。自分を出すというか、自分のことを書くというか。 その大きな理由がFac...

時間がかかるから、力んで「役に立つ発信しなきゃ…」と思わずに、気長に楽しんでやることが大事ですね〜

楽しんでる人に、人は集まりますから

幸せのキッカケを、ネットから
それでは、ありがとうございました!