売れるランディングページの作り方がわかるおすすめの本

WEBマーケティング

内藤です

今回は売れるランディングページの作り方がわかる、おすすめの本を紹介します。

売れるランディングページの作り方がわかるおすすめの本

インターネットでなにかを販売する時

例えば
・現物の商品
・オンラインサロン
・セミナー
・講座
・イベント
・住宅
・HP制作
・カウンセリング
・コーチング
・占い

など、販売する時に必ず必要なものがあります。

それは、ランディングページ(LP)です。

ランディングページとは

ランディングページは、LPと呼ばれることが多いですが、簡単に言ってしまうと、商品の申し込みができる販売ページのことです。

もともとランディングページとは、最初に開いたページのことを言いましたが、今『ランディングページ(LP)』と言えば多くの場合、商品販売ページのことになります。

商品を販売するページですから、これがないことには売れませんよね。

なぜランディングページが必要なのか

商品をホームページやブログにただ載せて置くだけでは売れません。

買い手の立場になったらわかりますよね。

・商品の詳細は?
・値段は?
・使ったらどうなる?
・使った人の事例は?
・購入の方法は?

こんなことが気になるはずです。

このような情報を見て納得して申し込みボタンを押すはず。
あって当たり前、なくてはならない大事な重要なページですよね。

なのに売り手になるとこのランディングページを適当に作ってしまう方が多いです。
ただ商品の画像を載せてるだけだったり、メリットを伝えずに煽って売り込んだり。
なかにはランディングページがなかったり。。

ランディングページの構成次第で売れ方は違ってきます。
だから、ランディングページ作りは適当にせずに売れる形に作らないといけません。

売れるランディングページを作るには

売れるランディングページには特徴があります

それは

・ランディングページを読む(見る)と欲しくなる流れになっている
・ささる表現がある

です。

例えば、いきなり

高性能マイクどうですか?

と言われても欲しくなりません。
売り込みに感じてしまいます。

でも

コロナの影響でzoomなどweb会議が増えていませんか
web会議は映像よりも音の方が実は大事です

ノイズが入ったり、音が割れるとストレスに感じますよね
このマイクなら相手に不快感を与えずにweb会議ができます

のような話の流れがあると、どうでしょう。

『マイク購入検討してみようかな』
と思う人も出てきます。

ただ商品を置いていきなり売るのではなく、流れを作って関心を高めることが必要です。

とは言っても、どうやって関心を高める文章の流れにしたらいいか構成を考えるのが苦手な方もいると思います。

最も簡単な方法は型を真似ることです。

ランディングページには売れる型があります。

その売れる型というのが今回紹介する本で解説されています。

ビジネスを加速させるランディングページ最強の3パターン制作・運用の教科書
ビジネスを加速させるランディングページ最強の3パターン制作・運用の教科書

商品や向ける相手によって、売れる型は違ってきます。

この本では

・問題解決型
・欲求充足型
・潜在的需要型

の3つのパターンのランディングページの作り方が解説されています。

ですから、自分の扱っている商品、対象とするお客様によって売れる型を選んで作ることができますよ。

最後に

どんなに売るモノが良かったとしても、相手に伝わらなければ買ってもらえません。

ランディングページは絶対必要で、超大事なのでぜひ参考にしてみてください。

僕も読み込んで学びます。
今なら第1章も無料で読むことができますよ。

ビジネスを加速させるランディングページ最強の3パターン制作・運用の教科書

タイトルとURLをコピーしました