【自宅で起業】失敗しないためのポイント

デジタルコンテンツ

内藤です。

コロナの影響で、「自宅で起業したい!」という方が増えてるのではないでしょうか?

自宅で起業するのは簡単ですが、継続していくのは簡単ではありません。

今回は、自宅で起業を考えている方向けに、自宅で失敗しない起業の仕方をお伝えします。

僕も実は2009年に自宅で起業しました。

それまでスキーのインストラクターをしていましたが、自分でもビジネスを始めました。

当時と今では住む場所は変わっていますが、今も変わらず自宅で仕事をしています。
(2009年当時は群馬県)

ですから、コロナの影響が出てもワークスタイル、ライフスタイルはほとんど変わっていません。

10年以上、自宅で仕事をしていますので僕の体験も交えて解説します。

自宅で起業:失敗しないためのポイント

自宅で起業する場合のポイントを僕なりにあげてみますね

・今の状態から変化したいこと見つける
・対象を決める
・自分の経験や知識が活かせるようにする
・オンライン化する

です。

今の状態から変化したいこと見つける

まず大事なのが、自分の売りたいものではなく、世の中の「今の状態から変化したいこと」を見つけましょう。

何を商品やサービスを買う時って、今の状態から変化したいときではありませんか?

例えば

痛い(今の状態) → 痛みがない(変化した状態)

その変化するための手段が商品やサービスです。

提供する商品・サービスが、この変化を助けるものでなければ、なかなかお金を払ってはくれません。

他にも例えば

不満 → 満足
むくんでる → むくみがない
できない → できる
似合ってない → 似合う
不安 → 安心
ない → ある
ダサい → おしゃれ
たるんでる → 引き締まってる
ストレス → 癒やされる
殺風景 → 華やか
不便 → 便利
など

この変化を望んでいます。

変化したいということは悩みや困りごと、願望があるということです

この人々の「変化したい」ことを見ずに、ただ自分の売りたい商品を売ろうとすると失敗します。

僕はアメブロのカスタマイズ屋さんとして起業しましたが、なにもアメブロのカスタマイズをしたかったわけではありませんでした。

カスタマイズをして、読まれるブログに変化させたい人が多かったから始めました。

変化したいことを徹底的に探しましょう。
ここが失敗しないための一番のポイントです。

対象を決める

変化したいことを見つけると書きましたが、万人の変化を手助けすることはできません。

どんな人の変化を手助けできるのか、向ける対象を決めましょう。
なるべく具体的に絞った方がいいです

例えば、万人にメガネを売ろうとするよりも、既にメガネをかけてる人に勧める方が売れます。
ファッションアイテムとして売るなら、ファッションに関心のある(おしゃれに変化したい)層に売った方がいいです。

みんなの変化に応えようとすると、誰の変化にも応えられなくなります。

自分の経験や知識が活かせるようにする

変化を手助けできるもので、自分の経験や知識が活かせるものが組み合わさることで、喜んでもらえるようになります。

僕もアメブロのカスタマイズを始める時に、それまでホームページを作った経験があったからできました。

これまでの経験や知識で変化の手助けができないか?考えてみましょう。

自分の持っている経験や知識なら、説得力も増します。
実際に経験してきたことなので実体験を語ることもできますよね。

そうすると、自分独自のノウハウや伝え方になります

もちろん今ある経験知識で不十分なこともあると思います。
ですから、常に自分の技術を高めたり、知識を増やす努力は必要です

オンライン化する

そして、これから特に大事なのがオンライン化するということです

オンライン化すると自宅にいながらも全国、あるいは世界中と仕事ができます。

僕は群馬時代に、全てオンラインで仕事をしていたので全国や海外在住のお客様を相手にできました。

自宅で起業してもリアルの場でしか商品を提供できないとか、出張しないといけないとかだと大変です。
自宅にいながら仕事が完結できてしまった方が、自宅で起業するメリットが大きいです。
経費が抑えられますし、移動時間もありませんので。

オンライン化の商品に関してはこちらも読んでみてくださいね

・自宅でできる仕事の商品の提供方法

自宅でできる仕事の商品の提供方法
内藤です。 オリンピックの延期あるいは中止が現実味を帯びてきましたね。 非常事態宣言がされれば、外出の自粛を強く求められ…

・デジタルコンテンツにしてしまうのもおすすめです

何度も売れるデジタルコンテンツの作り方
内藤です 一度作った商品を何度も売ることができたらな〜 と思うことはありませんか? 「デジタルコンテンツ」ならそれが可能…
タイトルとURLをコピーしました