ブログの文章力を上げる一番のコツ

読まれるブログの書き方

内藤です。

ブログの文章力を上げる一番のコツは、まずはとにかく書くってことです。

今でこそ僕はブログを毎日書いていませんが、最初にやっていたアメブロでは1日3〜5記事書いてました。
だから1ヶ月に軽く100記事は超えてたんですよね。

残念ながらそのアメブロはアカウント停止になってしまい(笑)、5600人いた読者も、書き続けた約3000記事も失ってしまいました。

僕のアメブロはなくなってしまいましたが、毎日書き続けたことで得たものは非常に大きかったです。

例えば文章力だったり、書くという習慣だったり、読者からの信頼だったり。

毎日書くためのコツ

最初から文章がうまく書ける人はいません。
誰もが最初は読まれません。

うまく書けるようになってから書く。
読む人が増えたら書く。
って、いつまでたっても実現しないですからね。

書くからうまく書けるようになるし、読む人も増えてきます。

だからまずは毎日書くクセをつけるといいです。

僕がやっていた毎日書くためのコツをあげますね

ネタをいつも探す

常にブログネタを探します。
アンテナを張ると言ってもいいかもしれません。

そういう意識でいるだけでも、いろいろと気付くようになります。

そして日常の出来事で
「お、これブログでかけるじゃん」
ということが起きたら、すぐにメモです。

スマホでもいいし、手帳でもいいしネタをメモするようにします。

「これ今日書こう」と頭で覚えようとしても、残念ながら忘れます。
悲しいくらいに忘れます。

だから忘れる前にメモれ!です。

ブログの下書きとして書いておいてもいいでしょう。

書けるときに書き溜める

毎日書けるのが理想ではありますが、調子が良くてどんどん書ける日と、全然書けない日が出てきます。

そういうときは、書ける時に何記事も書き溜めておく。

1日1記事と決めずに、書ける時は書けるだけ書きます。

習慣としては毎日書いたほうがいいですが、書ける時に書いておいて予約投稿しておくと、心にも余裕が生まれますね。

僕は1週間先まで書き溜めることがありましたね。

正しい文章、きれいな文章を書こうとしない

文法的に正しい文章を書こうとか、きれいな文章を書こうと思わないことです。

「間違わないように正しい文章書こう」
「人が読んで恥ずかしくない、きれいな文章書こう」

とするとハードルが高くなり、書くのが嫌になってきます。

それに、正しい文章、きれいな文章が読まれるとは限りません。

正しくきれいな教科書よりも、誤字脱字があっても手紙の方が引き込まれますよね?

間違ってもいい、話し言葉でもいいから、楽に書きましょう

万人ウケを狙わない

みんなに向けようとすると、いろんな人の目が気になります。

「あの人が読んだらどうしよう」
「この人には伝わるかな、、」
と。

先程の手紙と同じです。
たった一人に向けて書きましょう。

一人にむけた文章なら、話すような感じで書きやすくなります。

たった一人に伝わればいいと思って書いてみてください。

100点は目指さない

文章に100点はありません。

完璧を目指すと、行動が鈍くなります。
それに、仮にその時完璧だったとしても時間が経つともう完璧じゃなくなります。
だって世の中変化してますから。

だから、最初から100点は目指さず、60点でOKを出してどんどんやることです。

トライ&エラーすることが一番の上達になりますから。

 
文章力をあげたいなら、まずは毎日書きましょう!
 

タイトルとURLをコピーしました