コロナ時代だからこそ、ファンの多い人がやっていること

ネットでファン

新型コロナウィルスは、僕らの生活様式を一変させました。

仕事もこれまで出社していたのが在宅になったり、実際に会って打合せしていたものがZOOMになったり、商品・サービスのオンライン化を進めたりと大きく変わったと思います。

NTTコミュニケーションズは、インターネットトラフィック(通信量)推移データを公開しています。

平日は新型コロナの影響が出る前の2月25日(火)週と比較したデータです。
土日は2月29日(土)、3月1日(日)との比較。

緊急事態宣言が発令された4月上旬から外出自粛が続いた5月の間は、平日の日中で最大28%〜55%も増加しています。

ネットで何かを見る人も増えましたが、発信する人も当然増えました。

新型コロナの影響がでる前に比べて、ネットの情報を見る人も、情報量も増えたと言えますよね。
もう溢れかえってます。

こんな情報が溢れているなかでもファンがいる人は強いです。

コロナ時代にファンの多い人がやっていること

そして、コロナ時代の今、ファンの多い人がやっていることは

ノウハウや情報の出し惜しみをしないこと

です。

有名シェフがYouTubeでレシピを詳しく公開したり、モデルが普段やってるエクササイズを公開したり、人気バンドがライブ配信で曲を演奏したり。
これでもか!ってくらい出し惜しみなく出してます。

それまでファンだった人はもっとファンになるし、ファンじゃなかった人もファンになってしまいますよね。

情報が溢れてるからこそ、ノウハウや情報を出し惜しみしせずに出してしまうことが大事だなって思います。

大変な状況の時は、少しでも売上を上げたくなりますが、それって信頼の先にあるものです。

あなたが隠してても、他の誰かが出してるかもしれません。
そうしたら、その人のファンになる人が増えます。

今こそ、出し惜しみせず出してしまう必要があるなって思うんです。
目先の利益よりも、信頼を得たいですね。

 
こちらは以前から無料プレゼントで出しているPDF冊子です。
コロナ時代に今一度役立ててみてくださいね。

僕も出し惜しみせずに作りましたので。

タイトルとURLをコピーしました