アップルを生み出す哲学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


内藤です。

今、広告のクリエイティブ・ディレクターとしてスティーブ・ジョブズと一緒に働いてきたケン・シーガルの書籍「Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学」を読んでいます。

Think Simple ―アップルを生みだす熱狂的哲学

この本の中で面白くわかりやすいエピソードがあります。

iMacのテレビコマーシャルを作るときに、どこまで伝えればいいのか、議論になりました。伝えたい重要なことが4つか5つある。それを30秒間で全て伝えるのか、ひとつだけ伝えるべきなのか、と。

スティーブ・ジョブズは4つ5つなら伝えられるだとうと考えていました。

著者が所属する広告代理店はこんなパフォーマンスをします。




メモ帳を5枚ちぎって、一枚ずつ丸めて「スティーブ、キャッチしてくれ」と言って、紙の玉をひとつスティーブ・ジョブスめがけて投げた。スティーブ・ジョブズは難なくキャッチして、投げ返した。

「これがよい広告だ。」と広告代理店。

「またキャッチしてくれ」といって、今度は紙の玉5つ全て投げた。スティーブ・ジョブズはひとつもキャッチできず、紙の玉はテーブルや床に落ちた。

「これが悪い広告だよ」




結果スティーブ・ジョブズはメッセージ1つだけのCMを採用します。

集中するものが多ければ多いほど覚えられません。伝わりません。
集中させる、伝えるなら1つに絞った方がいいということです。

スキーのインストラクター時代、お客さんの滑りを見てアドバイスするのですが、課題を与えて滑ってもらうと他のことが全然できなくなります。

それを、与えた課題以外の部分も指摘するとお客さんは意識しきれません。結果与えた課題すらできなくなってしまいます。

与えた課題以外の部分はできてないけど、それは触れずに課題のことを無意識化できるまでやってもらい、その次にまた新しい課題を与えた方が上達が圧倒的に早かったという経験があります。

「二兎追うものは一兎も得ず」です。

ブログやFacebookなどでも伝えたいことは1つに絞った方が伝わりますね。 言いたいことはいっぱいあっても、あれもこれも言わずに我慢です(笑)

自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問


お名前(苗字のみ

メールアドレス   
※お間違えのないようご注意ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。