頑張ると疲れる、変えたらうまくいく法則

内藤です

今日から10月。
朝は寒さを感じたほどでした。
北海道では先日もう初霜が降りたとか。

8時間かけてモーグルをしに白馬まで

僕は大学生の時にスキーにハマりました。
そのころは大学のある茨城から白馬まで8時間かけて滑りにいってました。

しかも、車中泊を連泊しながら。ひとりで^^;
めっちゃ寂しいですよ(笑)

僕がやっていたのは『モーグル』。
コブ斜面をハイスピードで滑ってくあれです。

学生のころは見よう見まねで、頑張ってコブに突っ込んでました。

間違った方法と腰痛

モーグルって、あの膝の『吸収動作』に目がいきますよね。
競技をしている人は、直線的にハイスピードで滑っていきます。

ですから、直滑降&吸収動作の連続にも見えてしまいます。
要は真っ直ぐ滑って、膝を上下に動かす。
実際やり始めた頃は僕もそうやって滑ってました。

いかにコブからの衝撃を吸収できるか

これが重要だと思ってたんです。

でも、コブのないフラットバーンでは直滑降&吸収の練習てできません。
平らですから吸収するものがないのです。

だから、ずっと朝いちからコブを頑張って滑ってました。

結果、多少は”それっぽく”なりましたが、腰を痛めました(笑)

このままでは上達が見込まないと思い、大学を卒業してからモーグルスクールにスタッフとして入りました。

頑張ると疲れる、変えたらうまくいく法則

そうしたらびっくり、うまい選手は直滑&降吸収なんてしてないのです。
コブの中で滑る場所(ラインと言います)、滑る姿勢がまるで違ってました。

直滑降と吸収がモーグルだと思っていたのが、コブの中でも『ターン』してたんです。
スキーなのでターンして当たり前の話なのですが、多くのモーグルスキーヤーが間違いに陥ります。

吸収動作も、姿勢がそう見えているだけで、上手い人には、吸収しようという意識がなかったのです。
動きが速いので分かりにくいのですが、滑り方も体への負担も全然違ってました。

そして、僕もその滑り方を教わってから一気に上達しました。

やったことは、頑張って滑るのをやめて、楽に滑れる滑り方に変えたこと。

向かう方法を変えたら、違う景色が見えてくる

面白いですよね〜。

あのまま頑張り続けてたら、もっと体を痛めていたと思います。

頑張ることをやめて、方法を変えた

これだけです。

頑張ることは素晴らしいですが、どんなやり方を頑張るかで結果は違ってくるものですね〜

SNSやブログの使い方、インターネットの発信も同じですね

募集中のセミナー

自然体な発信でファンを作るSNS活用セミナー
12/12 東京 サンクチュアリ出版

ワードプレス構築動画講座

内藤 勲メルマガ

TwitterやFacebookでも発信しています