facebookの「友達」を「つながり」とか「相互フォロー」と捉えてみてはどうか

内藤です

facebookで友達を増やすのに抵抗を感じてしまう方って結構います。「あまり知られたくない」とか、「本当の友達にしか見られたくない」とか。

facebookは実名顔出しが原則ですから、見つけられるのが嫌なんだと思います。でもブログを見ると顔も名前も出してたりします^^;

facebookをどう使うかにもよりますが、ビジネスに活用したいとか、ブログに連携させたいとかいうなら繋がりは多くないとfacebookのパワーを使い切れなくなってしまいます。

僕はこのブロックの理由の1つが「友達」というネーミングにあるんじゃないかなーなんて思いました。

だって例えば、アメブロの読者登録ならできるのです。なのにfacebookだと繋がれないって。。

本当に公開したい相手を絞りたいなら、公開範囲を分けたリストにすることだってできます。

『公開』から『その他のオプション』

『親しい友達』や作っておいたリストにすれば、限られた相手にだけ公開できます。

親しい友達や、リストの設定についてはこちら
⇒ Facebookで、本当に見たい人だけの投稿の表示の仕方

「友達」を「つながり」とか「相互フォロー」と捉えてみる

公開範囲を『友達』以外にも決められるわけなので、その『友達』を『つながり』とか、『相互フォロー』とかあるいは『読者』と捉えてみたら抵抗感が和らぐのではないでしょうか?

facebookの繋がれるスピードは、アメブロの読者登録とか、ブログのフィード購読とか、メルマガ読者の増加スピードとは比になりません。

アメブロの読者やフィード購読者、メルマガ読者を1000人にしようと思ったら、簡単ではありません。時間もかかります。

あ、かと言って誰とでも繋がれってことではないですからね^^; 選ぶことはできるので(笑)相手をみて増やしてください。

アメブロやってるなら、読者でfacebookやっている人と繋がるとか、抵抗の少ないところから繋がっていけばいいと思います。

facebookの繋がりが増えれば、入り口としての威力は半端ないです。メルマガ以上かも。

facebookページ持っていたとしても、個人で繋がりが多ければ、入り口が2つになるわけなので個人のつながりを増やすメリットは大きいです。

少しずつ思い込みを外していってみましょう。

ネットでファン増やしましょう^^

6/26のネットでファン講座ですが、残り席がわずかになりました〜