Facebookでスルーされないように、宣伝よりも人気(ひとけ)を出そう

内藤です。

Facebookで商品の宣伝や売り込みばかりしていると嫌われます。
宣伝や売り込みばかりの投稿をしているとスルーされ、しまいにはフォローを外されたり、ブロックされたりします。

より多くの人に知ってもらうため、より多くの人と繋がるためにFacebookを始めたはずですよね。
スルーされたり、ブロックされるために始めたわけではないはず。

Facebookでは探してないし、買おうとしていない

そもそもFacebookはどんな時に使いますか?
悩みごとがあってその解決策を探したり、買いたいものがあってその商品を探すために使わないと思います。

解決策を探したり、商品を探すならGoogleやAmazon、楽天を使うはず。

Facebookを使う時は、別に何かを探したり、買うつもりはないということです。

ボーッと眺めて、スクロールして目に止まった投稿があったら読む。
こんな受け身の状態で使っていると思います。

そんな状態の時に、いつもいつも宣伝や売り込みばかりの投稿を目にしたら嫌になるのも当然。
使い方を誤ると、嫌う人をふやしてしまいます。

それから、特に企業のFacebookページにみられるのが「人気(ひとけ)」が感じられない投稿。
「人」としての投稿じゃなく、「企業」としての投稿なのです。

・どんな人が書いてるのかわからない
・ビジネス色が強い
・感情がこもってない
・会社の宣伝

Facebookは「人」と繋がる場なので、このような「人」が感じられない投稿は見られなくなります。

なので、Facebookでは宣伝するよりも人気(ひとけ)を出しましょう。

Facebookで人気(ひとけ)を出すコツ

名乗る

これはFacebookの個人アカウントでは個人名がでているので、する必要はありません。
Facebookページを使う場合、ページ名が「人」の名前ではないので、それだけでビジネス色が出てしまいスルーされやすいです。

なので、まず名乗ると「人気(ひとけ)」を感じてもらうことができます。
簡単に今すぐできる方法です。やってみましょー。

プロフィールをだす

Facebookで自分のタイムラインに表示される「自己紹介」の部分。
ここも、どんな人なのかな〜と見られやすい箇所です。

何も書かない人もいますが、人を感じてもらうためにも、やっていることや好きなこと、趣味など載せるといいです。

自己紹介の「編集」から

スマホの場合
プロフィール写真の下のほうにある「編集する」から

自己紹介を編集

書き込んでいきます。

自分がどんな人なのか? わかることを書いてみましょう。

経験話を出す

投稿の文章に経験話を出すと人気(ひとけ)がでます。
経験話は、自分が主人公になりますから、経験話をすると自然と「人」が見えてきます。

どんな経験をしてきたのか、バックグラウンドも伝わるので共感もされやすく効果的です。
これまでの経験に無駄なものはありません。経験を活かしてみましょう。

文章を柔らかくする

文章を話してるかのように書くのも、人気(ひとけ)を出すことになります。

「書く」とか「説明する」というよりも、「伝える」という意識が大事かもしれませんね。
文章の最後に「〜」や「!」、「^^」など入れるだけでも柔らかい印象になります。

目の前に友達がいて、その人と会話するつもりで書くといいです。

友達と話す時って固い言葉は使いませんからね。

人が写った写真を入れる

あとは単純に人物が写った写真を載せると人気(ひとけ)がでます。

自分の自撮りばかりは、それもまた嫌がられますが、誰かと一緒に写っているのは場の雰囲気が伝わっていいです。

また写真は明るい方が、雰囲気も明るく伝わります。
場の明るさ、表情も明るくしましょう。

最後に

Facebookは、いきなり何か買ってもらえる場ではありません。

まずは関係を築くことが先です。
自分という人を感じてもらい、そして関心を持ってもらう。

商品を買うとか、サービスを利用するのは、その先です。

焦って宣伝するよりも、人気(ひとけ)を出しましょう。

「ファンが集まるメディア構築」プレゼント

<無料メールセミナー>

ネットでのファン作りを解説したPDF「ファンが集まるメディア構築」をプレゼント!
ブログ更新をメールで受け取る