アメブロのアクセス解析の見方と見るべきところ

アメブロ

内藤です。

最近、質問回答記事を書いてますが、今回も質問回答していきます。

ご質問はメルマガからお気軽に

↓さて、頂いた質問です。

アメブロのアクセス解析につきまして。
日々アクセスが上がったり下がったりするのですが

なぜ上がったのか下がったのか
タイトルなのか、内容なのか
そこがよく分かっていません(^^;

アメブロのアクセス解析で、どんなところを見たらいいか解説しますね。
ただアクセス数だけ見てても『今日は少ないな〜』くらいしかわかりませんので。

※ちなみに僕はこのブログをメインにしていて、アメブロはFacebookやTwitterと同様にSNSとして使っています。

アメブロのアクセス解析の見方と見るべきところ

スマホでの見方を紹介しますね。

▼[ブログ管理] → [アクセス解析を見る]から開きます。

記事の内容が良かったかどうかがわかる。どれくらい読まれているか?を確認する方法

▼『アクセス解析』の画面上部に、[トップ]・[ブログ全体]・[記事別]・[リンク元]・[デバイス]が表示されます。

▼[ブログ全体]を見ると、ブログ全体のアクセス数(ページビュー)がわかります。

で、このアクセス数を見るだけで終わってほしくなくて、[ブログ全体アクセス数]をタップします。

▼すると『ブログ全体アクセス数』の他に『ブログ全体訪問者数』が出てきますので、切り替えます。

するとブログへの訪問者数がわかります。

アクセス数と訪問者数の違いは、

訪問者数:訪問した人数(1人が何ページ見ても1)
アクセス数:見られたページの数(訪問者1人が10ページ見たら10)

です。

で、

訪問者数 = アクセス数 :1人あたり1ページしか見てない
訪問者数 < アクセス数 :1人あたり平均数ページ見てる

ってことになります。

アクセス数が訪問者数の2倍以上あるなら、1人あたり2ページ以上読んでるってことになります。

1人あたりの読んでるページ数が多ければ、記事の内容が良かったかな?と言えるでしょう。
逆に1人あたりの読んでるページ数が少なければ、記事の内容が良くなかったのかな?と言えるでしょう。

あるいは、記事タイトルが悪くて、読まれなかったのかな? とも考えられますよね。

どの記事が読まれているのか? を確認する方法

次に、ただアクセスが多い少ないではなく、どの記事が読まれているのか? あるいは読んで欲しい記事が読まれているか? を確認しましょう。

▼[記事別]をタップすると、期間中(デフォルトでは7日間)にアクセスのあった記事がわかります。

1日単位で見ていくと、その日投稿した記事にアクセスがあったのか? 過去に投稿した記事にアクセスがあったのかが見えてきます。

その日投稿した記事にアクセスは集まりやいですが、その日以外に投稿した記事にアクセスが多い場合、

・誰かが紹介やリブログ(アメブロのシェア)をしてくれたかな?
・誰かがSNSNSでシェアしてくれたかな?
・検索からアクセスがあったかな?

などと、考えられますよね。

どこからアクセスが来てるか? を確認する方法

次に、どこからアクセスが来てるかを確認しましょう。

▼[リンク元]から、どこからアクセスが来ているかわかります。

アメブロ内から来てるのか、SNSから来てるのか、検索から来てるのかわかりますね。

「Amebaアプリ」とか、「ameblo.jp」とか「m.ameblo.jp」とかいろいろあるのは、スマホアプリからとか、PCからとか、スマホでもブラウザからとかかなと。

▼検索からのアクセスの場合は、yahooやgoogleがでてきます。

更に細かく見たいならGoogleアナリティクス

ここまでアメブロのアクセス解析の見方を説明しましたが、細かいデータは残念ながら見ることが出来ません。

例えば、

この記事はどこからアクセスが来て、どれくらい読まれてるのか?

とか

アメブロでもざっくりとは見れましたが、1記事ごとの細かい解析が出来ません。

そのあたりも見たい場合は、Googleアナリティクスを入れる必要があります。

※アメブロでも『外部サービス連携設定』から設定できます。
設定の仕方はまた別記事で

▼『行動』 → 「サイトコンテンツ・すべてのページ」で『セカンダリディメンション』 → 「集客・参照元」

そうすると、特定の記事でどこからアクセスがあって、どのくらい滞在してとか細かく見れます。

▼更にGoogle Search Consoleと連携すると、どんなキーワードで検索からアクセスがあったかもわかります。

↓アメブロとGoogle Search Consoleの連携設定の仕方は解説してました

アメブロにSearch Console(サーチコンソール)を入れる方法
アメブロにSearch Console(サーチコンソール)を入れる内藤ですアメブロには、Search Console(サーチコンソール)を設定できます。Search Console(サーチコンソール)とは、Googleが提供してい...続きを読む

まとめ

今回紹介したような方法で見ていくと、フログの改善点が出てくると思います。

ただアクセス数だけ見て終わりではなく、アクセス解析を活かしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました