1/31まで!福袋セット販売

ブログのジャンルが決まらないときに基準にすべき2つのこと

読まれるブログの書き方

内藤です。

ブログを始めたけれど、書くジャンルがなかなか決まらない

今回は、こんな悩みを持つ方に向けた記事です。

「ブログやりたいけど、どんなジャンルにしたらいいかな」とか
「ブログをやり直したいけど、ジャンル変えたいな」とか

ジャンル、つまり何を発信していくか迷うことはないでしょうか。

ブログのジャンルが決まらないときに基準にすべきことが2つあります。

それは、

・続けられるか
・喜ぶ読者がいるか

ということです。

ブログのジャンルが決まらないときに基準にすべき2つのこと

・続けられるか
・喜ぶ読者がいるか

この2点について説明しますね。

ブログのジャンルを決めるときの基準1:続けられるか

例えば、稼げそうなジャンルだからとか、人に言われて嫌々決めたジャンルはなかなか続きません。

自分が実際にブログで稼いでいて、その方法がわかっているなら続けられるかもしれません。

でも単に「稼げそうなジャンルだから」という理由だと、書ける情報もすぐになくなってしまいます。
それに、実際に稼げていないなら内容が薄っぺらくなります。

次第に書く気が失せて、続けられなくなります。
こうやってブログが止まっていくケースは多いです。

僕も昔アフィリエイトブログやろうとして、まさにこのケースになりましたから(笑)

また、人に言われて嫌々やっているジャンルも、書きたいわけではないので力を注げなくなります。

ですから、ジャンルを決める時に

「このジャンルはずっと書き続けられるジャンルか?」

と自問してみてください。

ブログのジャンルを決める時の基準2:喜ぶ人がいるか

続けられるジャンルを選んだとしても、誰も興味のない記事なら読んでもらえません。

読んでもらえないと、アクセス数も増えないし、コメントなどの反応も得られません。

自分の商品販売や集客につなげることもできませんし、やる気もなくなってしまいます。

ビジネス用に書くブログ記事は、自分用の日記ではありません。
喜んで読んでくれる読者に向けて書くものです。

どうしたら読者が喜んでくれるのか?

これを考えないといけません。

・悩んでいる問題が解決する
・お得な情報を知ることができる
・読んでいてすっきりする
・笑える
・一緒に参加してるような気分になれる

など喜ばせ方は様々あります。

まず誰に喜んでもらうか対象を決めて、その人ひとりを喜ばすつもりでジャンルを選ぶといいです。

何かに悩んでる人とか、目標を達成したい人とか、情報を探してる人とか

想像ではなく、実在する人物を想定するといいですよ。

まとめ

この記事、実はGoogleで『ブログ』と検索したときに、

『ブログ ジャンル 決まらない』

という関連キーワードが出てきました。

これは実際に『ブログ ジャンル 決まらない』で検索してる人がいるから出てくるんです。

つまり、ブログのジャンルが決まらないことで悩んでる人がいるということです。

なので、この記事を書きました(笑)

こんな風に関連キーワードから悩みを見つけて、その解決策のジャンルを探すこともできます。

なかなかブログのジャンルが決まらないという方は試してみてくださいね

1/31まで!福袋セット販売

・会員サイトの作り方動画講座
・WordPressの使い方動画講座
・エッセンシャルライティング講座
を福袋セット特別価格にて販売しています

詳細はこちらから

 

内藤勲メルマガ

メルマガをメインに配信しています!

 

※お名前はアルファベットでの登録はできません。
※ご本人確認のメールが送られますので、必ずご確認ください。

読まれるブログの書き方
内藤勲ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました