LINE公式アカウントとメルマガどっちを使ったらいい?

LINE

内藤です。

これ僕が考えてる各メディアやツールの位置づけです。

ここにあるものを全部使えってことではないですが、「入り口」「売り場」「連絡帳」という役割分担をして、その中で使うメディアを決めて組み合わせるのがいいということ。

例えば、

Facebook(入り口) + HP(売り場) + メルマガ(連絡帳)

とか

YouTube(入り口) + ブログ(売り場) + LINE公式アカウント(連絡帳)

とかってこと。

もちろん、それぞれの役割で複数使うのもアリです。
 
で、連絡帳にあたる「LINE公式アカウント」「メルマガ」どっちがいいか?という話をしたいと思います。

LINE公式アカウントとメルマガどっちを使ったらいい?

LINE公式アカウント、メルマガともに最初の図でいうと「連絡帳」にあたります。

両方ともこちらから直接連絡が取れるプッシュ型です。

ひとりひとりに直接アプローチできるので絶対に持っておきたいメディアです。

ただ、それぞれ特徴が大きく違うので、人によってどっちが向いてるか違ってきます。

LINE公式アカウントの特徴

LINE公式アカウントは、一斉のメッセージ配信でスマホに届けられます。

ただし長い文章は送りにくいです。
1回の配信で3つのメッセージを送れますが、テキスト文字だと1つのメッセージは500文字まで。
3つともテキストにしても1500文字までしか送ることができません。

ですから、長い文章を送るよりは、動画を貼り付けたり、ブログの更新情報を知らせたりするのがいいです。

また、LINE公式アカウントは、特に来店型のビジネスや対面でサービス提供してる人に向いてます。

来店時や会ったその場ですぐに友だち登録してもらえます。
クーポンを出して来店する動機を作ることもできますから。

また、サロンや飲食店で急なキャンセルがあった場合に配信するのもいいですね。

メルマガの特徴

メルマガは、メールマガジンですから、長めの文章を送りることができます。
じっくりと読んで欲しい情報を送りたい人は、メルマガがいいですよね。

今はHTMLメールもありますから、写真や動画付きのメールを送る事もできます。

ただ残念なのは、メルマガは100%届くわけじゃないということ。

迷惑メールに振り分け分けられてしまったり、サーバー側で拒否されてしまう可能性もあります。

それでも登録する人は、興味関心の高い人なので、より濃いファンになりやすいです。

LINE公式アカウントとメルマガを使い分ける

LINE公式アカウント、メルマガのどちらか1つではなく、両方を使い分けて使うこともできます。

その場合、それぞれどんな配信をしたらいいでしょうか。

LINE公式アカウントの配信の仕方

LINE公式アカウントはスマホに通知されるので、開封してもらいやすいです。
ただその分頻繁に届くと、スルーされやすくなります。

だから、LINE公式アカウントは週1程度配信するのがおすすめ。
配信する曜日を決めておくといいです。

また先にも書いたように、テキストで送れる文字量は決まっていますので、動画の配信やブログへリンクさせるなどしたほうが情報を伝えられます。

・週1の配信
・情報を短めに伝える
・ブログ記事や商品・サービスへの誘導

メルマガの配信の仕方

メルマガは、LINE公式アカウントのような文字制限がありません。

じっくり読ませたい場合や、アツい想いを伝えるのに向いています。

また、ステップメールのように、特定の期間でステップを踏んで情報を提供していくこともできます。
そうすることで、読者の知識と関心を高めることができますね。

メルマガは、届いても読まれない可能性もありますので、読みたくなるようなタイトル付けが重要です。

・長い情報を伝えたい時に使う
・読みたくなるタイトルをつける
・次回も読みたいと思えるような濃い情報を書く

最後に

メルマガもLINE公式アカウントも重要なツールです。

ネットを活用したビジネスでうまくいってる人は、メルマガ読者を集めてるか、LINE公式アカウントの友だちを増やしてるか、いずれかしています。

「メルマガはもう古いからLINE公式アカウントをやる」
「LINE公式アカウントはあまり送ると嫌がられるからメルマガがいい」

ではなく、両方使うという手段もありますからね。

タイトルとURLをコピーしました