LTVの高いビジネスモデルになっていますか?

ネットで継続して売れる仕組み作り

内藤です。

7月上旬にコロナ陽性になったのですが、いまだ後遺症があります^^;

さて、僕もなってしまったコロナですが、コロナ禍で個人でビジネスをする方が増えましたよね。

個人ビジネスで大事なことっていろいろありますが、LTVという指標も大事な1つです。

LTVってなに?
美味しいの?

と思う方もいるかもしれないのでカンタンに説明しますね。

LTVとは
Life Time Valueの略で『顧客生涯価値』
のことです。

分かりやすく言うと、

一人のお客さんが、生涯でどれだけ商品・サービスを利用してくれたか?

ってことです。

高い商品を何度も買ってくれたらLTVは高いってことになるし、安い商品を1回しか買わないってことだとLTVが低いってことになります。

そして、ビジネスが長続きしてるところはLTVが高いと言われています。

鎌倉のような観光地なら、安いお土産を1回しか買ってもらえないようなLTVが低い商売でも毎日のように新しいお客さんが来れば、成り立ちます。

でも僕らみたいな個人ならLTVが高い商売をした方がいいわけです。

では、LTVを高めるにはどうしたらいいでしょう?

考えました?

答えは

・単価を上げる
・何度も買ってもらう(あるいは継続的に買ってもらう)

ということ。

ご自分の商品・サービスを振り返って、単価が安くて、1回きりしか買ってもらえないものだとLTVが低いってことです。

これを
・単価を高くする
・継続してもらう
ように変えることを考えてみてください

例えば、
単発だったセミナーを3ヶ月間の講座にしてみるとか、
1回きりのセッションを継続セッションにするとか、
個別サポートをつけて高額にしてみるとか

今ある商品・サービスの形を少し変えるだけでもLTVをあげられる工夫はできます。

とは言っても、
中身が良くないと継続してもらえませんし、クレームになる可能性もあります。

ですから、当然中身が伴うというのは大前提になります。

僕はLTVが高くなるビジネスモデルの1つが
オンラインのコミュニティだと思っていて
その構築についてもお伝えしていきたいな〜と思います。

僕自身のオンラインスクールでもそこを特に強化していきます。

今バージョンアップに向けて準備中ですので気になる方は楽しみに待っていてくださいね

自分のビジネスのLTVはどうなのか?
振り返ってみてくださいね


メールアドレス 

 

内藤勲メルマガ

メルマガをメインに配信しています!

 

※お名前はアルファベットでの登録はできません。
※ご本人確認のメールが送られますので、必ずご確認ください。

ネットで継続して売れる仕組み作り
ネットでファン

コメント

タイトルとURLをコピーしました