WordPressの「投稿」と「固定ページ」の使い方

ネットでファン

内藤です

WordPressには2種類の記事があります。

1つは、「投稿」
もう1つが、「固定ページ」

テーマ(テンプレート)によっては、さらに「お知らせ」とか、「LP」とか、投稿、固定ページ以外の記事の種類もあったりします。

通常は「投稿」「固定ページ」の2つ。
これは最初からWordPressあるものです。

WordPressの「投稿」と「固定ページ」の使い方

「投稿」だけしか使っていないブログも見ますし、逆に固定ページばかり使ってるブログもみます。

どちらかだけではなく、両方使った方がWordPressはさらに使いやすくなりますよ。

「投稿」の特徴

▼投稿の編集画面

※僕は、ブロックエディタが使いにくいので旧エディタで「テキスト」を使っています。

旧エディタを使う場合はこちら

WordPress5.0で記事編集画面のブロックエディターを元に戻す方法
内藤です。 いよいよWordPress5.0がリリースされましたね 更新した方は記事編集画面かガラッと変わって焦ったのではないでしょうか? WordPress5.0からのブロックエディター 今までのこの画面から ...続きを読む

「投稿」は、カテゴリーを決めて、そのカテゴリー毎に振り分けて書ける記事です。
カテゴリーだけではなく、タグも付けられるので、細かく分類して更新することもできます。

他のブログサービスのブログ記事と同じですね。

「投稿」は、更新性のあるカテゴリーの記事を書く場合に使います。

「固定ページ」の特徴

▼固定ページの編集画面

編集画面は投稿と似ていますが、異なる部分がいくつかあります。

まず、「投稿」と違い「固定ページ」はカテゴリーがありません。

カテゴリー分けして記事を更新するのではなく、その1記事で完結するような、更新性のない記事を書く場合に使います。

例えば、「会社概要」とか、「アクセス」とか「プロフィール」とか。
ホームページのページにあるようなものとイメージしたらわかりやすいかもしれません。

「投稿」と「固定ページ」の正しい使い分けは自由なのですが、こんな風に分けると使いやすくなります。

僕の場合は、プロフィールや、ブログのコンセプト、商品やセミナーの募集ページなどのLP(ランディングページ)は「固定ページ」で作っています。

そして、日々更新する記事はカテゴリー分けして「投稿」を使っています

1カラムのランディングページも固定ページで作れる

僕は商品やセミナーの募集ページを固定ページで作ってると書きましたが、1カラム(サイドバーがないページ)のページを作ることができます。

ただし、これは使っているテーマ(テンプレート)によります。

僕が以前使っていた「Lightnig」なら記事編集画面にある「ページ属性」からLanding Pageを選ぶと、その固定ページがサイドバーやヘッダー画像なしの1カラムになります。

Lightningの詳細はこちら

Lightning - 無料で使える超高機能WordPressテーマ
Lightningは、ホームページ制作の専門の知識がなくても集客に役立つホームページやブログが簡単に作れるように開発された無料のWordPressテーマです。

そして今使っているCocoonの場合は、記事編集画面にある「ページ設定」のページタイプで選ぶことができます。

1カラム(広い、狭い)はヘッダーやメニューバーあり。
1カラム(本文のみ」はヘッダーやメニューバーなし。

Cocoonの詳細はこちら

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

販売に関する記事は、そのページに集中をしてもらいたいです。
サイドバーや他のリンクがあると、違うページに移ってしまう可能性も高まります。

なので、大事なページは1カラムにしましょう。

「投稿」と「固定ページ」のトップページへの表示のされ方

「投稿」と「固定ページ」を更新すると、トップページへの表示のされ方が違います。

「投稿」は、トップページで更新の新しい順にブログ記事が一覧に追加されていきます。

「固定ページ」は、「投稿」と表示される場所がことなります。
通常、ヘッダー部分にあるグローバルメニューに追加されていきます。

メニューの設定

ワードプレスでは、ヘッダーの下にメニューバー(グローバルナビゲーション)を付ける事ができます。
※wordpressのテーマ(デザインテンプレート)によって異なります。

何も設定していない、初期の状態では「固定ページ」が自動的にメニューバーに表示されることが多いです。

でも、メニューバーに表示させたくない固定ページもあれば、投稿のカテゴリーや外部サイトを入れたいこともあります。

メニューバーは自由に項目を設定することができます

まず、「外観」⇒「メニュー」を開きます

メニューは複数作ることができます。まずは、メニューのグループを作ります。
『新規メニューを作成』から、メニューの名前をつけて作成ボタンをおします。

①左の固定ページ、リンク、カテゴリーからメニューに入れたいものを選んで追加します。 リンクは、外部サイトなどを加えたい場合に使います。

②メニュー構造の中の順番を入れ替えたり、階層を作ったりできます。

③メニューはヘッダー下、フッター部分に入れることができますが、どちらに入れるか設定します。
この設定を行わないと、メニューのグループを作っても、初期状態(固定ページが全て表示)のままです。
また、テーマ(デザインテンプレート)によっては、ヘッダー下以外にもフッターなどメニューが設置できる場所も異なります

④最後に『メニューを保存』をクリックします。

また、並び順や親子関係(サブメニュー)を作ることも可能です

投稿と固定ページの使い分けのまとめ

投稿と固定ページをうまく使い分けることで、 「ブログのあるホームページ」とか、「自分で更新できるホームページ」と捉えることもできます。

今はホームページを作っても、作りっぱなしでは誰にも見られません。
更新することで検索にも強くなっていきますし、SNSにもリンクを貼ることができます。

そして、何より、新しい情報を出すことで、読者やお客様に喜んでもらえます。

ブログは、使うと愛着が湧くし、資産になってくれますよ

タイトルとURLをコピーしました