Facebookページで反応を良くするための3つのポイント。事例あり

内藤です

Facebookページを作ったけど、うまく使えてないって方は多いじゃないかな〜と思います。

うまく使うってどういうことかと言えば、

・投稿にいいねやコメント、シェアなど反応がある
・ブログ等へアクセスが誘導できている

ということです。

今回は、Facebookページを本格的に開始してわずか2、3ヶ月で効果の出てきているお客様の紹介です。

⇒ お薬を減らしたいママのための自然療法スクール*こどもとアロマ

ページのいいね(ファン)が早くも2000近くになっていますし、投稿のいいねも200前後は付くようになっています。

ブログへのアクセスも多く、先日販売されたアロマのスキンケアメールセミナーはわずか数時間で100セット完売されてます。決して安くない商品ですよ。見てみて下さいね。

もちろんFBページだけではななく、ブログやメルマガの読者も多いからでしょう。でも、「Facebookページもっと早くやってれば良かった」と、おっしゃっていましたから、効果は少なくなかったんだと思います。

で、なぜFacebookページでも反応がいいかというと以下の点があげられます。

『誰に向けて、何を伝えて、どうなるか』が明確
リンク投稿の導入記事もしっかりと書かれている
リンク先のブログ記事もしっかりと書かれている

『誰に向けて、何を伝えて、どうなるか』が明確

『お薬を減らしたいママのための自然療法スクール*こどもとアロマ』というタイトルを見ても分かるとおり、誰に何を伝えるかが明確です。

対象がはっきりしていますから、お子さんをお持ちのママさんは見てピンときます。

そして、タイトルだけではなく、1投稿1投稿毎に、何を伝えて、どうなるのか、メリットが分かりやすく書かれています。

またFacebookページですが、個人名を名乗って、自分の『人』も見せていますから、読んでいるママさんも共感し引き込まれます。

リンク投稿の導入記事もしっかりと書かれている

こんな風にブログ記事に連動した『リンク投稿』をされていますが、ただURLはってるだけではなく、ブログ記事に繋がる文章を書いて誘導しています。

【しつこく残る咳や鼻水にはアロマがおすすめ】
原亜紀子です。
お天気の悪い日が続いているから体調を崩す人も増えているみたいで、冬にアップした「発熱のあとのしつこい咳や鼻水には」という記事がさいきんまた人気があります。
皮膚のケアでは使う…Posted by お薬を減らしたいママのための自然療法スクール*こどもとアロマ on 2015年7月9日

文章を読んで、関心が高まり、続きのブログも読みたくなるわけです。

リンク先のブログ記事もしっかりと書かれている

そして、誘導先のブログ記事でも、さらに読み応えのある記事がしっかりと書かれています。

記事本文も『誰に向けて、何を伝えて、どうなるのか』が明確です。

Facebookからブログに移動して、ブログ記事が薄かったり、大したことのない記事だと、どんどん反応が落ちていきます。

ですから、ブログ記事の内容こそ重要です。

Facebookページされている方、これからやろうと考えている方は、是非是非参考にしてみてください。

自然体で自分らしくビジネスをするメールセミナー

自然体で自分らしくビジネスをするための、5日間メールセミナーを用意いたしました!

さらに、図解で分かりやすい「自然体で自分らしくファンを作るメディア構築」無料ebook(42ページ)もおつけいたします。