プロフィールでファンを作るためには

内藤です。

facebookやTwitter、ブログ、アメブロ、YouTubeなどで大人気の人っています。そのメディアでは超有名人の人です。

そういう人たちって、個性がよく出てますよね。
自己開示していて、どういう人なのかが見えます。

個人で情報を発信するときに、良く見られるのが「プロフィール」です。

どんな人なのかな?

そう思って見る機会って多くありませんか?

facebookなら『基本データ』、Twitterの『プロフィール』、アメブロの『プロフィールページ』、WordPressならプロフィール記事など。

きっと見ること多いと思います。

そして逆に、自分も見られてるってことです。

プロフィールって意外と手を抜きがちですので、見直してみましょう

顔を出して親近感、安心感を与える

相手の顔が見えないところから、商品を買うのは怖いですよね。
実際のお店でも、店員が覆面マスクを被っていたら嫌です(笑)

逆に、顔が出ていて、どんな人がやっているかわかると、安心します。

インターネットだと、顔を出したがらない方も多いのですが、お仕事という意味では出した方が良いです。

最初は抵抗がありますが、顔を出せる方は、思い切って出してみましょう。
これだけでも反応は違いますから。

やはり顔が見えると、安心感がでますし、親近感も沸きます。
当然ファンも増えやすいです。

プロフィールの写真は、インパクト狙いや、ギャップを狙わずに、笑顔で信頼感、安心感が持てる写真。

固い表情は怖そうに見えてしまいますので、にっこりと(笑)

インパクトやギャップ狙いは、身内にはうけますが、初めて見る方は、引いてしまいます。
難しい見せ方ですので、普通に撮りましょう

また、自分で携帯で撮るのではなく、できればカメラマンに撮ってもらうのが望ましいです。

また、ニックネームも、信頼感が持たれるように、業種と本名を組み合わせて作りましょう。

プロフィールページやプロフィール記事

アメブロのプロフィールページやブログに用意するプロフィール記事には、自分がどういう人なのか知ってもらえる場です。

自身の考えや実績、肩書など

実績や肩書きは、ブランディングにもなり、信頼感に繋がります。

『創業30年』とか、『相談件数1000件』とか数字があると、「ここは大丈夫だ」という安心感がでます。 

自分ではたいした実績、肩書きじゃないと思っていても、お客様からしたら凄いことかも知れません。
載せられるものは、載せましょう。

趣味や、好きな本、好きな映画など

共通点を見つけると親しみがわくものです。

例えば、同じ出身地とか、母校が同じとか、それだけで親しみが湧きませんか?

読者に一歩近づくことを意識して書いてみましょう。

自分のやっている事や商品・サービスについて

・取り組んでいることの目的や理念
・誰に向けて、何を伝えているのか
・商品やサービスの先にある世界の提案

これが分かるようにして、やっていることに興味、関心を持ってもらいましょう。

そして、商品やサービスのメニュー記事へリンクさせておくといいです。

自分を語る

人それぞれこれまでの人生にはストーリーがあります。
自分と全く同じストーリーを歩んで来た人は誰一人としていません。

自分のことをストーリーとして語りましょう。

ぐいぐいと引き込まれ、自分という『人』をよりよく知ってもらうことができます。

『人』がよく見えてくると、それまでの発信、これからの発信も深みがあるものに感じてもらえます。
プロフィールを充実させて、自分のことをよく知ってもらいましょう

自然体で自分らしくビジネスをするメールセミナー

自然体で自分らしくビジネスをするための、5日間メールセミナーを用意いたしました!

さらに、図解で分かりやすい「自然体で自分らしくファンを作るメディア構築」無料ebook(42ページ)もおつけいたします。