facebookで知らない人からの友達申請を受けたとき、承認すべきかの判断基準

内藤です

facebookで知らない人からの友達申請って来ますよね。

それで友達になるべきかどうかって迷う人も多いかと思います。

facebookを仕事に活用するならば、「繋がり」は必要なわけで、友達やフォロワーの数は多い方が有利です。(もちろん、その質も大切ですが)

申請してくる側もfacebookを活用したくて、繋がりを広げるために申請してくるでしょう。

例え、実際に会ったことがなくてもブログやメルマガの読者だったり、コメント等でやり取りをしている仲だったり、見込み客になる人だったら、僕は承認しています。

でもこんな方は承認しません。参考までに。

僕が友達承認してない人

・プロフィール写真を設定していない
・メッセージなし
・外国人
・投稿がシェアばかり

プロフィール写真を設定していない

プロフィール写真がデフォルトのまま、設定していない人から申請来ても「誰??」って思ってしまいます。

名前も知らない、どんな顔も分からない、って普通抵抗を感じて構えてしまうものです。

Facebookの場合、多くの方が、名前で顔写真でやっていますから、浮いてしまいます。

またプロフィール写真を設定していたとしても、どういう人か分からなかったり、怪しかったり(笑)、怖い印象を受ける写真だと、やっぱり「繋がるの止めとこ…」って思います。

また、カッチリバッチリのビジネス仕様だと、これも繋がりにくいです。
facebookは売る場所ではないので、ごく自然な写真の方が好印象で繋がりたくなりますね。

プロフィール写真は大事です。

メッセージなし

実際に会ったことがなく友達申請だすなら、メッセージは欲しいです。

誰かも分からない、どんな人かも分からない人と繋がるのって抵抗ありますから。。

まぁ、メッセージでいきなり売り込んできたり、Facebookページにいいねしてと言ってきたり、そいうのも承認しません。

関係性築いてないのに、いきなりって信頼なくします。
特にファーストコンタクトって、その後の信頼意識に大きく影響しますからね。

外国人

外国の方からも時々友達申請がきます。

実際に友人の外国人とはもちろん繋がりますが、知らない人は承認しません。
僕は日本語ででしか発信してませんし、自分の投稿読まないだろうし、お客さんにもならないですから。

投稿がシェアばかり

友達申請が来て、「どんな人かな?」「どんな投稿してるかな?」と思って見に行くと、投稿がシェアばかりって事があります。

シェアばかりしていて、自分の言葉で発した投稿がないと、どんな人かがなかなか見えてきません。なので繋がる気が起こらないです。

友達限定の投稿に注意

facebookの投稿は、投稿先を選ぶことができます。

これは、友達申請を出す側の注意点ですが、普段から友達に限定した投稿ばかりしている場合、友達になっていない人は投稿が見れません。

つまり、友達限定で投稿している人が、繋がりを増やすためにと友達申請を出した時、相手がタイムラインを見に来ると何も投稿していない人に見えてしまうということです。

「友達限定で投稿する人が、繋がりを増やすために実際の友達以外の人に友達申請を出す」というのも、ちょっと矛盾ぽいですが、実際にあります。

友達限定がダメなわけではなく、繋がりを広げたいなら、一般公開の投稿もしておいた方がいいという事です。

今回の内容は、僕の判断基準ですが、友達申請を受けたとき、あるいは出すときの参考にしてみてくださいね

幸せのキッカケを、ネットから

ありがとうございました