ファンになってもらうために絶対に必要な4つのこと

内藤勲です

「安いから」「近いから」という理由ではなく、「あなただから」と言ってくれるファンになってもらうために絶対に必要なことがあります。

それは、

・相手のことを想った「目的」を持つ
・どんな人に喜んでもらうかを明確にする
・自己開示する
・出し惜しみなく出す

ということ。

相手のことを想った「目的」を持つ

何のためにビジネスをするのか
何のために発信するのか

その目的を持つということです。

そして、「自分が儲けたいから」というような利己的なものではなく、「相手に喜んで欲しいから」という理念や志とも言える利他的な目的がいいです。

なぜなら、実際に、理念や目的を持ったほうが、僕ら人間は本来持っている力を発揮できるからです。
綺麗事ではなく。

こちらをご覧ください

実際に試してみてみてください。

「なるほど、何のためにやるか目的を持つことって大事だ」って腑に落ちると思います。

こちらの本には他にも体感ワークが載っています。

読んで納得、やって体感 人生を大きく飛躍させる 成功ワーク

体感ワークは、びっくりするほど体がそうなるので面白いです。
納得せざるを得ません。

僕もセミナーで取り入れてます^^

どんな人に喜んでもらうかを明確にする

万人受けするものはありません。
でも、誰もが誰かを喜ばせることができます。
ですから、先程の目的を誰に向けるかを、しっかりと定める必要があります。

向ける相手によって、同じものでも価値が変わってしまいます。

例えば、日本人に日本語を教えるよりも、日本語をマスターしたい外国人に教えた方が喜んでもらえます。
「日本語を教える」というのは同じでも、向ける相手で価値が違います。
だから、どんな人に向けるかって重要です。

また、自分がやりたいことをそのままだすのではなく、相手の頭の中を想像することが大事です。

日本語をマスターしたい外国人に、そのまま日本語で「日本語教えます!」と言っても、言葉が分からなかったら欲しいって思ってもらえません。

相手がわかる言葉
相手が欲しくなる言い回し

相手がピンとくる表現に変えるだけで、商品自体は同じでも喜んでもらえるものに変わることも多いです。

どうしたら喜んでもらえるのか?
相手の頭の中を想像することが必要ですね

自己開示して人柄を出す

スマホとSNSの登場で、ネット上で、誰もが気軽に発信できるようになりました。
そして、人と人との距離感がぐっと縮まりました。
関係性が作りやすくなったともいえますね。

そして、投稿から、この人はどんな人なのか見られます。

自分を出さずに「人気(ひとけ)」のない投稿ばかりしていると、距離が縮まりません。
また信頼感も生まれません。

信頼してもらうには、まず自分から自己開示していくことが大切。
全てをさらけ出せということではないですが、自分の人柄を感じてもらえる投稿は必須です。
信用信頼が何よりも大切ですからね。

今の自分を作っている経験や、ハマっていること、好きなことなど、自分が素になれる顔をどんどん出したらいいです。
ドジ話を出すのも共感してもらって信頼感に繋がります。

自分のいいところばかりを出すってことではないですから。
できない自分も見せちゃいましょう。

因みに僕の場合はこんな感じ
内藤勲のプロフィール

出し惜しみなく出す

ファンの多い人は、出し惜しみせずに、まず先に自分からどんどんと出します。
役立つ情報やお金など。

目先の利益に目が言って、「続きは有料で」とかやっていると売り込み感がでて、信頼を失います。
「無料で出していいんですか?!」と思われるくらい出し惜しみなく出すから、信頼も感謝も生まれます。

何かしてもらいたいなら、まずは自分からそのことをする。
紹介してもらいたかったら、「紹介してください」とお願いするのではなく、まず先に自分が紹介する。

「まず自ら先に」が鉄則です

出し惜しみしていることはないか? 
もしあるなら、どんどん出してしまいましょう。

例えば、僕もこのようなマニュアルをプレゼントすると、とても喜んでもらえて感謝されます
ファンが集まるメディア構築マニュアルプレゼント

今回紹介した4つのこと意識してみてくださいね

愛を持って、取り組もうってことですね〜

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる