Facebookとはまた違う、ブログを続けていると得られる5つのメリット

内藤です

僕はブログを始めて8年になります。
その間、アメブロをメインにしていた時期もありますが、ずっと続けています。

つくづく、ブログ続けてて良かったなと思うことが多々あります。
今回は、ブログを続けていると得られるメリットを書きますね。

まずその前に、ブログを読む時の読者の状態を考えて欲しいと思います。
Facebook等のSNSとは読む時の状態がまるで違います。

SNSは、流し見で受け身で見ていることが多いです。
何かを探そうとしたり、調べたりするつもりで見ていないはず。
Facebook開いて、沢山流れてくる投稿をボーっと見ていることが多いのではないでしょうか?

一方ブログは、その人のブログにわざわざ見に行っています。
何か知りたいとか、学ぼうというつもりで能動的に見ているはず。

つまり、関心が高い状態で、しっかりと読んでもらえます。

こんな風にSNSとブログとでは、読み手側の心理状態が大きく違っています。

ね、自分のブログ読まれたらいいでしょ?

ブログをやっていると得られるメリット

SNSとブログは特徴が違うので、SNSがブログに変わるものではないです。
だから、両方あったらいい。

SNSに力を入れて、ブログをやめてしまう方もいますが、続けていたらこんなメリットもあります。

関心を持って何記事も読んでもらえる

先にも書いたように、ブログを読む時は、わざわざ読みに来てくれます。
FacebookやTwitterのように沢山の投稿が流れてくる中で読むわけではありません。

自分のお店に足を運んでくれるようなものです。

だから、関心を持って記事をじっくりと読んでくれます。
また、関連する記事をいくつも読んでもらうことができます。

ただ、日記のようなブログではこうはなりません。

検索からアクセスがくる

ブログは、投稿した記事がストックされていきます。
過去に書いた記事でも、残っていますから、古くなったからといって、読まれないわけではないのです。

そして、検索からのアクセスも増えてきます。

GoogleやYahooなどの検索サイトって、何かを探している時、知りたい時に使いますよね?

つまり、検索から来るアクセスというのは、非常に関心を持っている状態ということです。

過去に書いた記事でも、検索からずっと来るようになったら、それだけでも売り上げに繋がる可能性が大きくなります。

SNSで拡散できる

ブログを書いた後は、FacebookやTwitterなどのSNSで拡散することができます。

ブログだけで終わらずに、SNS上にいる人達にも知らせることができます。

より多くの人に読んでもらうコツが分かりやすく解説されていました。

関連記事:facebookに投稿したブログ記事を多くの人に読んでもらう7つの秘訣

ブログを書く → SNSで拡散  は必ずやったほうがいいです。
参考にしてくださいね

出版に繋がる

ブログをやっていて、面白ければ出版社、編集社の目に止まり出版に繋がることもあります。

今出版デビューしている方々は、ほぼブログがキッカケじゃないかなと思います。
僕もそうでしたし。

逆に言うと、出版社、編集社の方は、出版できる人を探してるってことでもあります。
その判断がブログだということです。

当たり前ですが、ブログ書いてたら必ず出版につながるわけではありません(笑)
でも、出版に繋がる可能性が大きくなりますので、出版を目指す方はブログ続けましょう

紹介される

最後は、ブログの記事を紹介されるということがあげられます。

例えば、先程の「SNSで拡散できる」のところで、関連記事として紹介した青山華子さんの記事では、僕の過去記事を紹介してくださっています。

facebookに投稿したブログ記事を多くの人に読んでもらう7つの秘訣

実は、この記事から僕のブログに毎日アクセスがあります。
半年以上前の記事にもかかわらず、昨日一昨日と100以上のアクセスが来ています。

そして、今回僕がこうやって記事を紹介する。
というような、ブログの記事同士で紹介されることが起こります。

これって凄いことだな〜と思うのです。

SNSには、ブログでは出来ないことやメリットも沢山あります。
でも、SNSにはない、ブログのメリットも今回紹介したようにあります。
 
続けていたらメリットは増えますので、継続していきましょう!

募集中のセミナー

自然体な自分でファンを増やすSNS活用セミナー
11/21 大阪

自然体な発信でファンを作るSNS活用セミナー
12/12 東京 サンクチュアリ出版

内藤 勲メルマガ

TwitterやFacebookでも発信しています