Facebookの投稿の文章は長い方がいいのか、短い方がいいのか

内藤です

今Facebookに流れる投稿を見ると、短めの文章を書いてURLをはる人と、長め(というか、短くはない)の文章を書いてURLをはる人がいます。

短めの文章を書いてURLを貼るのは、「もっと見る」がでて折りたたまれないように2〜3行にとどめていることが多いです。

「Facebookの投稿の文章は長い方がいいのか、短い方がいいのか?」

よく聞かれることです。

文章が長ければ伝わるということではありません。短い方が多くを語らず読者に想いを巡らせて伝えるというか感じさせる事ができる場合があります。

しかし、それは俳句のようにセンスを求められることでもあります。

また、リンク誘導する場合にこんな書き方をしてリンクをはればクリック数は多くなります。

まさか、たったこれだけで出来たとは!

URL

「え、何が?」と思ってクリックしたくなります。

確かにクリック数は増えるのですが、薄いアクセスが集まりやすいです。だって反射的にクリックしてますから。

それよりも、長めの文章を書いてURLをおいた方が読んだ上で、つまり納得した上でクリックします。

文章を読むというハードル、折りたたまれている「もっと見る」を広げるというハードル、納得した上でというハードルがありますから、クリック数は減ります。ただし、濃いアクセスになります。

ですから、いいアクセスを集めているのは、しっかりと書いた文章の下にリンクがある投稿の可能性が高いです。

でも、これは僕が試してみた結果のこと。
それぞれ両方試してみるってことをした方がいいです。

短い方がいいと聞いたから短いのばかり、長い方がいいと聞いたから長いものばかり、では自分でなぜそうしているのか目的がありません。

「ただ良いらしいから。」

これでは力が付きません。

両方試して自分なりに反応を見てみて、自分の読者にあった投稿を仕方を見つけることで力がつきます。

そして大事なのは自分が読む側だったら、どちらの投稿がいいかを考えてみることです。