これからの時代を生き抜く、肩書に縛られない生き方

内藤です

昨日の記事を読んで、「革命のファンファーレ買います!」と言ってくださる方や、記事に共感してくれる方がいて嬉しかったです。
この本読んで、一緒に心を解放しましょう!。

関連記事:「革命のファンファーレ」は、心の開放宣言。

1つの肩書に縛られない生き方

さて、「革命のファンファーレ」の「はじめに」の中で、こんな箇所があります

多くの大人は「職業は永遠に続く」という前提で話を進めてくる。
だから、すぐに、「お前さんは何屋さんなんだ!?」と肩書を付けたがる。

上の世代の皆様には申し訳ないが、今はそんな時代ではない。
スマホの登場以降、職業がなくなる場面をたくさん見てきただろう?
アマゾンに潰された本屋さんを見てきただろう?
「ロボットタクシー」という言葉が飛び交っている今の時代に、「タクシードライバーになりたい!」という発想にはならないだろう?

(中略)

今の時代に「○○になる!」と肩書きを一つに決め込む方が、よっぽど危険だ。

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告(幻冬舎)

AIの発達で、どんどん人に変わって機械が仕事をするようになってますよね。
弁護士もそうだし、会計もそうなってきています。

専門家の肩書きを持った人として認知されるのではなく、自分自身の名前で認知されるようにならないとな〜と思ってます。

エクスマでも、職業は「個人名」が最強だとよく言われています。

関連サイト:マーケティングコンサルタント藤村正宏ブログ – 「モノ」ではなく「体験」を売る視点のエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)

だから、エクスマには個性的な人が多く、その個人に魅力があります。
1つの肩書に縛られずに、色んなことをやっていて、職業がもうその人自身なのです。

肩書きを捨て、自分の可能性を広げる

今年の春に公開されたディズニー映画「モアナと伝説の海」

Amazonビデオでも見れます。
モアナと伝説の海 (吹替版)

主人公のモアナは、島の村長(むらおさ)の娘。
次の村長になることが決まっていて、海に出ることは許されず、村に留まり島を守ることが役目として育てられます。

モアナの心は海にあるのに、「島の村長の娘」という肩書きに縛られてしまいます。

是非見てほしいので詳しくは書きませんが、海へと旅に出て、物語の終盤、「お前は誰か?」と尋ねられます。

そして、島を出て広い海に出てきたことを振り返り、「私はモアナ!」と自覚します。(肩書きに縛られずに、自分は自分なんだと)

肩書きに縛られずに、可能性を広げたモアナは強くなっていきます。


今あるいろんな肩書を捨てて、まんまの自分になった時にどれだけ魅力的か?

それが今求められてると思うんですよね

だから、自分の魅力が伝わる「個」の部分を発信して行くことが大事だと思うのです。


自然体な発信で「あなたから欲しい!」とファンになってもらえるマーケティング【ネットでファン】 内藤勲のプロフィールはこちら

募集中のセミナー

自然体な発信でファンを作るSNS活用セミナー
12/12 東京 サンクチュアリ出版

■ネットでファン塾 4期 まもなく募集開始
1月下旬からスタート
・WordPress作成
・Facebook、Twitter、Instagram活用
・会う前にファンになってもらえる発信
など

ネットでファンが生まれる8つの行動

TwitterやFacebookでも発信しています