ブログやSNSで文章を書く時に注意したい空白行の入れ方

内藤勲です

ブログやSNSで文章を書く時、空白行を入れて書く人が多いです。僕も以前アメブロでブログを書いていた時には、2〜3行の空白行を入れていました。

その理由は、読む前の見た目の印象で「読みにくそう」と思われないようにすることと、実際に読んだ時に圧迫感を感じずに読めたから。

でも、それはパソコンで見た場合が前提の書き方でした。しかし、今ではスマホでSNSやブログを見る人が圧倒的に多いです。このブログでも6〜7割がスマホやタブレット、パソコンは3割ほどです。スマホの割合がもっと多いブログも多いのではないでしょうか

今回は、スマホで見た場合と、パソコンで見た場合の「空白行の見え方」を見てみましょう

通常(段落で空白行)

まず、ちょうどここまで書いた文章の場合。段落毎に空白を1行入れています。

パソコンで見た場合のキャプチャ画像とスマホで見た場合のキャプチャ画像で比較してみます。
※パソコンとスマホでキャプチャするサイズが異なりますので文字の大きさは気にしないでください。あくまでも行間の「見た目」です。

パソコンのキャプチャ画像

段落ごとに1行の空白(パソコン)

次にスマホで見た場合のキャプチャ画像

段落ごとに1行の空白行

1行ごとに1行の空白行

次は、1行ごとに1行の空白を入れている文章の比較です。この書き方をしている人も多いですよね

こんな感じ

ブログやSNSで文章を書く時、空白行を入れて書く人が多いです。

僕も以前アメブロでブログを書いていた時には、2〜3行の空白行を入れていました。

その理由は、読む前の見た目の印象で「読みにくそう」と思われないようにすることと、実際に読んだ時に圧迫感を感じずに読めたから。

でも、それはパソコンで見た場合が前提の書き方でした。

しかし、今ではスマホでSNSやブログを見る人が圧倒的に多いです。

このブログでも6〜7割がスマホやタブレット、パソコンは3割ほどです。

スマホの割合がもっと多いブログも多いのではないでしょうか

では、パソコンでのキャプチャ画像

1行ごとに1行の空白(パソコン)

スマホのキャプチャ画像

1行ごとに1行の空白行

2〜3行の空白行

そして、アメブロなどでよく見かける2〜3行の空白行を入れた場合

こんな感じです

ブログやSNSで文章を書く時、空白行を入れて書く人が多いです。

僕も以前アメブロでブログを書いていた時には、2〜3行の空白行を入れていました。

 

その理由は、読む前の見た目の印象で「読みにくそう」と思われないようにすることと、実際に読んだ時に圧迫感を感じずに読めたから。

でも、それはパソコンで見た場合が前提の書き方でした。

 

しかし、今ではスマホでSNSやブログを見る人が圧倒的に多いです。

このブログでも6〜7割がスマホやタブレット、パソコンは3割ほどです。

 

 

スマホの割合がもっと多いブログも多いのではないでしょうか

では、パソコンのキャプチャ画像

2〜3行の空白行(パソコン)

スマホのキャプチャ画像

2〜3行の空白行(スマホ)

いかがでしょうか?

空白行を多く入れると、当然長くなります。スマホで見る場合は、何度もスクロールが必要になります。2〜3行ではなく、もっと空白行を入れたらもっと長くなります。

パソコンで書くからといって、パソコンで見やすいように書くと、スマホで見ている人は見にくいかも知れません。まして今は半数以上の人がスマホで見ていますから。

ブログでもSNSでも、スマホでどんな風に見えるか意識しながら投稿するといいですね。

募集中のセミナー

自然体な発信でファンを作るSNS活用セミナー
12/12 東京 サンクチュアリ出版

ワードプレス構築動画講座

内藤 勲メルマガ

TwitterやFacebookでも発信しています