ブログに表示されるSNSシェアボタンの拡散以外の意味

ブログ記事の上や下についているSNSのシェアボタン。

このブログにも、
・Facebookのいいね
・Twitterのリツイート
・はてブ
・ポケット
がついています

スマホではLINEも

WordPressでは標準でついているわけではなく、テーマ(テンプレート)によって、最初からついてたり、ついていなかったりします。

ついていない場合は、

・カスタマイズしてつける
・プラグインで表示させる

という方法もあります。

プラグインも沢山ありますので、こちらを参考にされると良いかも
関連記事:【WordPress/SNSシェアプラグイン】どれがいい?上位10件を徹底比較 ②

プラグインによって、表示させられるSNSのシェアボタンも異なります。

でも、できればテーマに標準で付いているのが楽。

標準で付いているテーマも沢山あるのですが、シェア数がカウントされるもの、カウントされないものがあります。
(※Twitterはカウントされないものが多いです)

テーマ選ぶ時は注意しましょう。

ちなみに僕が今現在使っているのは公式テーマの「Linghtning」

関連サイト:Lightning – シンプルでカスタマイズしやすいWordPress.org登録無料テーマ – | ビジネスサイトにもブログにも最適。Bootstrapベースでカスタマイズも簡単!

ブログに表示されるSNSシェアボタンの意味

このシェアボタンですが、「読者が読んでシェアしたいなと思って押す」という拡散の役割はもちろんありますが、それ以外にも、記事の評価にもなっています。

記事を読んだ時に、このSNSのシェアボタンの数を見て「結構読まれてるな〜」とか、「あれ、あんまり読まれてないのかな?」とか、「役に立った人沢山いたんだな〜」とか思います。

つまり、カウント数自体が記事の評価にとられるということですね。
数が正確な評価とは限りませんが、読者からは評価の基準にもなりやすいです。

ですから、できればカウント数が表示されるテーマを選ぶか、プラグインを入れておきましょう。

プロフィール

内藤 勲
ひとりひとりがネットでファンを作ろう! をテーマに、ブログ、SNSの活用方を発信しています
プロフィールの詳細はこちら

Facebookとブログを使ったファンの作り方&事例集

Facebookとブログで、ファン作りがうまく行っている事例集とメディアの構築法をプレゼントいたします

自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問

自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問