悪口や批判をされても負けないための信念や目的の持ち方

先日、嬉しい投稿がありました。

先月「おしりリセットダイエット」を出版された中村奈緒子さん。
Facebookでこんな投稿をして、僕の投稿をシェアしてくれました

︎「薄っぺらい本。読む気にもならない本」だと言われて。
「おしりリセットダイエット」を出版して、ある程度、覚悟はしてましたが、すぐにこういった批判口コミを書かれました。

批判メールやメッセージって、早いですね。
この場合に限らず、どんな状況でも、批判の言葉、中傷、妬み、など、心のない言葉って、簡単に書かけてしまうんだなぁ、と感じています。

一方で、丁寧に読んでいる方や、実践されている方は、そもそも読むのにも、実践するのにも時間を要するのだから、
メッセージや、コメントをいただくのも、とても時間がかけて、伝えていただいているのが言葉からよく伝わってきます。

「実践して変化を書きたいので、もうちょっと待っててくださいね!書きますねー!」

「この本は、産後の女性に本当に救いになると思います。」

「凄いです!!!
数年前に脳梗塞を患い右下半身に後遺症が残り、今もまだ体感温度を感じることができず、足のピリピリ感も冷えと同時に強くなる状態で、歩くのも歩幅は小さく歩きづらかったんです。
でもそんな私が、おしりリセットダイエット 2日目にして、股関節の可動域が広くなったのか、歩幅も いつもより大きくなり早歩き!?くらいの歩き方ができるようになりました。
私、今、これだけで凄く感動しています!!」

など、沢山の暖かい言葉や、変化の感想をいただいています。
その言葉一つ一つが私の勇気になっています。

今までの私は、雑誌、メディアの取材を受けたり、掲載されるなど、反響があることや、突出したことがあると、匿名の方から中傷メールをいただくこともあり、「なんでこんなことを書かれるんだろう。」と凹むことや、伝えることが怖くなり、ストップすることもよくありました。

でもね、
内藤 勲さんのセミナーに参加することで、私は救われたんです。

内藤さんは、こう伝えられています。

「発信の目的もそうですが、ビジネスの目的も明確にすることだ大切です。
なぜ、今の仕事をしているのか? なんのためにやるのか?
理念を持って取り組むということが、大切です。
理念を持つことや目的をはっきりさせることは大切だと、よく言われます。
実際に、理念や目的を持ったほうが、僕ら人間は力がでます。」

これ、ビジネスに対する姿勢としてもそのとおりなのですが、パーソナルトレーナーとしての指導でも同じで、いつも現場の仕事でやっていることなのに、自分のことになると見失っていた!って気付かされたんです。
クライアントさんに目的をはっきりさせることで、目的達成が早く実現する。

これは、指導という現場で、クライアントさんに日々、行なっているのだからわかっているはずなのに、
自分自身が批判や中傷を受けると、自分自身が見失っていた頃がありました。

でも、内藤さんと出会うことで、はっ!って改めて、気がついたんです。
何が大切なのか、誰に向けて、どうなって幸せになって欲しくて、仕事をしているのか。
その理念を明確にすることで、軸を強く勇気を出せるようになり、批判や中傷を受けていることも、恥ずかしいことも、弱い自分も出せるようになりました。

今回の批判を受けたことも、私もそんなに強くない人間なので、もちろん凹みもしますが、
一方で、感動してくれる方、喜んでくれる方がいるのだから、その方たちに向けて、その方たちを大切に、これからも発信していきたいと思います。

奈緒子さんの本は既に重刷もかかっています
今Amazonでは在庫切れ中
僕もしりトレやってます^^

おしりが変われば全身するっとやせる。おしりリセットダイエット

「なぜ」やるのか理念を持つと、批判や悪口にも強くなります。

セミナーの中で体感ワークをしたりしますが、目的意識を持った方が、僕ら人間は力がでるように出来ています。
ホント分かりやすくくらい。

「この目的を達成するために、しょっぺー批判なんて聞いてられない!」と。

目的や理念を持っていないと、批判とかにもすぐ傷つきます。

このあたりはこちらの記事で
関連記事:ファンになってもらうために絶対に必要な4つのこと

僕も、中学生の時に筑波大に入るという目的を持ったから、周りからの反対や、高校まで片道16キロの自転車通学も乗り越えられました。

だから、目的意識を持つって、自分にとって一番いいことなのです。

ネットの発信をしてると、多かれ少なかれ叩かれることが出てきます。

やりたいことは、叩かれてやめてしまう程度のものなのか?

問いかけてみてくださいね

募集中のセミナー

自然体な発信でファンを作るSNS活用セミナー
12/12 東京 サンクチュアリ出版

内藤 勲メルマガ

TwitterやFacebookでも発信しています