Facebookの友達申請メッセージで、自分のことばかり書いていませんか?

Facebookで友達申請をした時に、相手に失礼がないようにメッセージを送りますよね? 承認されてからメッセージ送る方もいると思いますが、ボクは初めての方だったらメッセージを一緒に送るようにしています。

そのメッセージに、普段から見てくれてるんだなと分かる内容や、申請を出してくれたキッカケなど書いてくれたら嬉しくないですか?

例えば、以前投稿した内容に触れられていたり、共通点について話されていたりしたら。

逆に、自分のこと(送り主のこと)ばかり書いていたらどうでしょう?

例えば、ボクのことを知らなかったとして、ボクから友達申請とこんなメッセージが届いたらどうでしょう

「はじめまして、内藤です。ブログやSNSを使って、ファンになってもらえる発信のアドバイスをしています。セミナーもやってます。良かったら友達になってください」

嫌じゃないですか?

「あ、何か売られそう」って思わないですかね? 友達承認しにくいです。ボクは実際にこういう理由で承認していない人もいます。

ネット上ではなく、リアルな場で初対面で自己紹介するときを想像してみてください。自身の肩書、やってること、これまで実績ばかり話して、こちらのことは一切話してくれなかったら「コイツとは付き合いたくない」ってボクなら思います。

人は、自身の事ばかり話されるよりも、自分(送られた側)に興味関心を示してくれるような話をしてくれたほうが嬉しいです。それがファーストコンタクトなら尚更のことです。

肩書ややってることを長々と書かれても「人柄」は伝わっていかないし、共感されません。なかにはコピペ?と思えるものもありますね。
それでは、いい関係性は築けません。

実際に会った時の第一印象はとても大事ですが、ネット上での第一印象もまた大事です。

SNSはまだ会ったことのない人と簡単に繋がれるのが良いところですが、だからこそ最初は大事にしたいものです。

友達申請のメッセージは、相手が喜ぶ内容を書きましょう!


自然体な発信で「あなたから欲しい!」とファンになってもらえるマーケティング【ネットでファン】 内藤勲のプロフィールはこちら

募集中のセミナー

■ネットでファン塾 4期 まもなく募集開始
1月下旬からスタート
・WordPress作成
・Facebook、Twitter、Instagram活用
・会う前にファンになってもらえる発信
など

ネットでファンが生まれる8つの行動

TwitterやFacebookでも発信しています