Facebookページのリーチが落ちる? Facebookでは関係性を築こう

先日Facebookが、またアルゴリズムを変更したと発表しました。
フェイスブック、友人の投稿を見やすくする表示へ – BBCニュース

僕は、「Facebookページ」の投稿や広告のリーチがさらに減るのではないかなと見ています。リーチが減るといとのは、届きにくくなるということです。

Facebookページの利点の1つに、Facebook広告が使えることがあります。Facebookを使う際、性別や年齢、居住地など個人情報を入力していますが、Facebook広告でターゲット設定する際にそのデータが使われます。

Facebook広告のターゲット設定画面

また、興味関心のあることでも絞り込みが可能です。

だから狙い通りの対象の人にだけ広告を出すことができます。費用対効果も高いためFacebook広告に力を入れる企業も増えました。

広告を出す人が増えたとしても、広告や宣伝を嫌い肝心のユーザーが減ってしまっては意味がありません。ユーザーが減ってしまったら広告の効果も薄れますから、企業側にとってもよくありません。

当たり前ですが、Facebookもユーザーを減らしたくはないのです。

Facebookではモノを探していない

Facebookを使う時というのは、何かを買おうとか、探していません。買おうとしたり、探すならAmazon使うし、GoogleやTwitterを使います。よね?

ですから、商品まんまを出した広告はスルーされます。今後さらに広告の出し方を工夫しないと、そもそも見てもらえなくなると思います。

今回の発表で、友達や家族の投稿を優先するとありますが、要はより関係性の深い人を多く表示させるってことですよね。

Facebookというか、SNS本来の関係性を作るという目的に沿うんじゃないかなと。

僕が学んでいるエクスマ(エクスペリエンス・マーケティング)では、「関係性」の重要さが、ずっと言われています

こちらで関係性の記事を読むことができます。
→ “関係性” の検索結果 – マーケティングコンサルタント藤村正宏ブログ

「人」の見えにくい企業と関係性って築きにくいですよね。だから個人の発信が大事になってくるし、さらに個人が活躍できると思います。

関係性を築くのって簡単なことではありませんし、時間がかかることです。関係性って、信用信頼でもありますからね。日々コツコツと積み上げて行くしかないです。

個人の発信を強化して、一人一人と関係性を作っていきましょう。

興味のある方はこちらも是非。
2018年エクスマ新春セミナー

僕ももちろん参加します^_^ 

「ファンが集まるメディア構築」プレゼント

<無料メールセミナー>

ネットでのファン作りを解説したPDF「ファンが集まるメディア構築」をプレゼント!
ブログ更新をメールで受け取る