発信力を高めるアウトプットとインプットの循環

内藤です。

SNSやブログで影響力を持つために発信力を高めたい!

このブログの読者なら、そんなことを思ったりもするのではないでしょうか?

アウトプットする前提のインプット

で、発信力を学ぼうとするために、情報をインプットしますよね。
セミナー受けたり、メルマガ取ったり、オンラインの講座を受けたり。

発信てアウトプットするということですから、アウトプットのためのインプットになりますよね?つまり、アウトプットする前提のインプットのはずです。

でも多くの人は、アウトプットせずにインプットだけで終わってしまいます。アウトプットしなきゃ、発信力高まりませんて、絶対。

英会話も、聞くだけ読むだけではなく、実際に喋るから成長します。

アウトプットすることで、インプットの質が高まる

以前やっていたメールセミナーがあります。
毎回メールの最後に質問を用意しました。

すると、いろんな方がいます。

  • ただ読むだけの人
  • 頭の中だけで質問に答えてる人
  • メールに返信して答える人
  • ノートに書き出して、メールで返信して答える人

メールで返信(アウトプット)してくれた方からは、こんな言葉をよくいただきました。

気軽にやってみるつもりで答えましたが、自分としっかりと向き合うことになりとても深かったです。

実際にその通りで、目に見える形で出すと、自分自身で新たな気づきというインプットが得られるのです。

ただ読むだけ、頭の中で答えるだけでは、気付きはなかなか得られません。
目に見える形でアウトプットするからこそ、自分自身やあるいは周りからのインプットができます。

アウトプットが最高のインプットになるわけですね。

だから、文字にしたり、声にしたり、アウトプットすることでインプットの質も高まります。

アウトプットっていろいろできます

  • ノートに書き出してみる
  • ブログやSNSで投稿してみる
  • 周りの人に話してみる
  • 投稿にコメントしてみる
  • メルマガに返信してみる

アウトプットするときに、インプットしたものをそのまま出すのではなく、自分のフィルターを通す事が大事。
自分のフィルターを通すとは、自分の言葉に置き換えてとか、自分の視点から表現するとかです。

そうすることで、頭の中でインプットしたものを編集してから出すようになります。インプットしたものを、そのまま出すよりも理解度が深まります。

それからアウトプットすると、周りから何かしらの反応が得られます。賛同する意見だったり、反対意見だったり、質問だったり。それが新たなインプットになります。

発信力を高めるなら、まずはアウトプット

アウトプットすることで、インプットが生まれれば、どんどん質も高まっていきます。
インプットの質が良くなればアウトプットの質も高まってきます。
そしてさらにインプットの質も… と好循環になります。

いくら高いお金を払ってインプットしても、アウトプットしなければ発信力にはなりません。
だから、とにかく出すって大事です。

受信者であるな、発信者であれ。
ですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください