どんな出来事も受け入れるから、一歩前進できるし、意味も書き換えられる

紫陽花が綺麗に咲く季節ですね。鎌倉も紫陽花で有名な「明月院」や「長谷寺」があります。
同じ紫陽花でも場所によって花の色って違うんですよね。

土壌が酸性なら青、アルカリ性なら赤になると一般的には言われています。(白の紫陽花は、白の品種みたい)

育つ土壌の環境によって、花の色が変わるって面白いですよね。
花の色の美しさは、土壌という環境によるわけです。

僕ら人間も、育った環境や経験によって現れ方って違いますよね。それは、立ち振舞や喋り方、ものの考え方、性格、癖など、様々なところに現れています。あるいは、歩んできた人生経験からにじみでる雰囲気とか。

だから、発信するものも人それぞれ異なります。

紫陽花の土壌はpH調整して、色を変える事もできるようですが、僕らの歩んできたストーリーは変えることはできません。

辛かったこと、悲しいことなど起こった出来事は変わりません。でも、起こった出来事に対する意味付けは変えることが出来ます。

良いも悪いも両方とも自分

前回のメルマガには本当に沢山の返信をいただきました。
すべての返信にお返しできていないのですが、1通1通にパワーを頂いている感じです。
ありがとうございます。

メルマガ登録はこちら
内藤勲メルマガ 登録フォーム

いただく返信だったり、実際に会った方にこんなことを言われます。

「よくあそこまで自己開示できますね。強いですね。」と。

僕は、僕のやっていることや提供しているサービスだけではなく、僕のストーリーも感じてほしくて自己開示しています。

いいことだけが僕ではないです。
ずっといい話が続くストーリーも面白くないですからね〜

 

僕は最近、週末に開催されているビーチヨガに参加しています。
波の音を聞きながらやると、かなり気分がいいです。
(一緒にやりましょう〜)

ビーチヨガのFacebook投稿

ヨガにもいろいろあるとは思うのですが、今やっているビーチヨガでは、「呼吸」と「ストレッチ」を主にやっている感じ。

呼吸は、息を吐いたり吸ったりすることで、ストレッチは全身の筋肉を伸縮させたりすることです。僕らは普段の生活で、呼吸も筋肉の伸縮も無意識で行なっています。でも意識しないから呼吸が浅くなったり、伸縮のバランスが偏ったりして、体に知らず知らずのうちに負担をかけてしまっています。

ヨガで、意識的に呼吸とストレッチ(伸縮)をする事で、吐く吸う、伸ばす縮めるが整って来ます。吸うことも吐くことも、伸ばすことも縮めることも当たり前のようにやっていますが、無意識に任せるとバランスが崩れてしまいます。つまり、整っていない状態。

吸うだけ、伸ばすだけってあり得ません。片方だけってないんですよね。両方で1セット。

ネットでのインプットアウトプットも同じ。生と死も同じ。

物事には両面存在します。

意識して整えることが必要ですね。

自分のストーリーも「いい出来事」だけってないんです。
ネットで、いいところだけ発信しても、本当の僕は理解してもらえません。だって、両方含めて僕ですから。

だから失敗談やドジな話や、辛い出来事も出して、僕を感じてもらえるようにしています。

単に「モノ」に価値があると感じてもらうのではなく、いろんなストーリーを持つ僕が出すモノに価値があると感じて欲しいんです。

受け入れるから、一歩前進する

それから、辛い出来事を出すことで、自分のなかで受け入れられるようになります。
人に話したくないこと、隠しておきたいことって、自分でも受け入れたくないことじゃないですか?

なにか隠していたりすると、周りから「いいですね〜」と褒められても、「いや、本当は違うんだけど、、、」と苦しくなります。

一歩前進できるのは、まずは自分自身が受け入れるからです。

それに、闇だと思った出来事も開示することで誰かの勇気になれば、それは光に変わります。

自分の中だけで隠していると、闇は闇のままで変わりません。自分の捉え方次第で、どんな出来事も光に書き換えられます。

土壌を生かして綺麗な花を咲かせましょう

「ファンが集まるメディア構築」プレゼント

ネットでのファン作りを解説したPDF「ファンが集まるメディア構築」をプレゼント!
ブログ更新をメールで受け取る