ブログの記事更新も大事だが、繋がりを増やして存在を知ってもらうことも大事

内藤です。

今回は、ブログの記事更新も大事だが、繋がりを増やして存在を知ってもらうことも大事って話です。

ブログの記事更新よりも重要な繋がり

「ブログは記事を毎日更新しましょう!」

ってよく言われます。

特にビジネスの集客用に使うなら、そういう情報は目にしたことがあると思います。
確かに日々更新すると文章力も上がるし、書くクセがつくのでいいことです。

でも、いくらいい記事を書いていたとしても、存在が知られていなかったら読んでもらうことができません。

検索からブログにたどり着いてもらうにも時間がかかります。
ブログ立ち上げて、すぐに検索にヒットするわけではないです。

だから、SNSで繋がり、存在を知ってもらい、関心のある人と関係を築いていきましょう。

SNSで友達、フォワー、ファンを増やそう

Facebookでは、「友達」「フォロー・フォロワー」
Twitter、Instagramでは「フォロー・フォロワー」
という繋がりがあります。

まずは自ら繋がっていく

繋がりを増やすには、まずは自ら繋がっていくことです。
こちらから繋がることで、相手も友達承認してくれたり、フォロワー(フォロー返し)になってくれたりします。

この時大事なのは、闇雲に繋がるのではなく、自分のことや商品・サービスに関心のある人と繋がるということ。

闇雲に数だけ繋がりを増やしても、薄い関係で関心を持って記事を読んでくれるようにはなりません。だから、相手を見て、繋がりましょう。

また、繋がったからといって、売り込むのではなく、存在を知ってもらい関係性を築くことが目的です。
繋がって即売り込む人がいますが、嫌われますので絶対にやめましょう。

では、どうやって関心のある人を見つけて繋がっていくのか?
その方法を紹介しますね。 

同業者のフォロワーと繋がる

まず簡単なのが、同業者のフォロワー(同業者をフォローしてる人)と繋がるということです。
同業者のフォロワーは、自分と同じ商品・サービスに関心がある可能性が高いです。

自ら友達申請を出したり、フォローしていくことで、存在に気づいてもらえます。

地域の人を見つけて繋がる

お店があったり、場所が決まっている商売の場合、その地域の人と繋がることも効果的ですよね。

SNS内の検索を使って、地域に住む人やあるいは、その地域によく来る人を見つけることもできます。

こちらはFacebookで「鎌倉」と検索した場合の例です。

すると鎌倉に関するグループやFacebookページが出てきます。
それらのグループに参加している人や、ページにコメントやレビュー を書いている人は、鎌倉に住んでいたり、来たことのあったり、関心のある人です。

そういった方をフォローして存在を知ってもらい繋がっていくと、地域での繋がりができてきますよね。

場所も近いから商品・サービスを利用してみようと思ってもらえるかもしれません。
これも売り込むのではなく、存在を知ってもらい選択肢の1つとしてもらうことです。

Twitterの場合。

鎌倉に関してツイートしている人が見つかります。「ユーザー」を見た場合、自己紹介の欄に「鎌倉」を書いている人が見つかります。

Instagramの場合。

鎌倉や鎌倉を含むハッシュタグを付けた投稿が出てきます。

こんな風にして、地域の人と繋がって行きましょう。
自分の商圏エリアで試してみてくださいね。

 

関心事で人と繋がる

今度はSNSで、関心毎について発信している人を見つけます。

例えば「お酒」に関心のある人と繋がりたい場合。

Facebookで「お酒」で検索すると、地域の時と同様に「お酒」に関係するグループやFacebookページが出てきます。

あとは同様にグループに参加している人や、ページにコメントやレビュー を書いている人と繋がっていく。

関心事あるいは悩みで検索してみて、商品・サービスに興味のある人を見つけていきましょう。

まとめ

ブログは実は最低限重要な記事(商品・サービスに関する記事)があればいいのです。
あとは、関心のある人に知ってもらうという作業が必要です。

チラシをまくことや、広告を打つこと、SNSで発信することも知ってもらうためですよね?

記事を更新するばかりではなく、知ってもらう努力もしましょう。

こちらも読んでみてくださいね

「申込みがない=興味がない」ではない
ネットで売れない原因の一番

「ファンが集まるメディア構築」プレゼント

ネットでのファン作りを解説したPDF「ファンが集まるメディア構築」をプレゼント!
ブログ更新をメールで受け取る