個を出してファンを作っていく重要性。エクスマセミナーで登壇しました!

内藤です

昨日はエクスマセミナーでの初登壇でした。とにかく楽しい時間でした!

上の写真は、「アメブロカスタマイズの内藤」と認識されていた僕がアメブロを削除されて、ただの内藤になってしまった(笑)というスライド。

僕は2012年頃、アメブロが全盛期の頃に読者5600人もいる人気ブログでした。
アメブロのカスタマイズの”ノウハウ”を前面に出して、それを売りにしていました。

運良く出版することもでき、エクスマの藤村先生も参考にしていたほどです。

でも、アメブロのアカウントが削除されていまい(しかも2度!)、公開していたノウハウも消えてしまいました。

ノウハウばかり出していた僕は、一気に求心力を失います。
だって読者はノウハウ目当てだったので。

いくらいい商品・サービス、ノウハウ(情報)を出していても、それだけでは選ばれる理由にはならないと言うことです。

今の時代モノが溢れ、利用する側も選択肢が無数にあります。
そんな中で「あなたから欲しい!」と言ってもらうには、自己開示して自分の「個」をだしてファンを作っていくことです。

そのことに気がついて、変化していった。という内容の話をしました。

「個を出してファンを作っていく」
そう思うキッカケになったのがエクスマだったんです。

「個を出す」とは、毎日自撮りをあげることでも、無理していい部分だけみせようとすることではありません。

自分の経験してきたこと、好きなこと、楽しいこと、想いとかそんなことです。そんな些細なことでいいです。だってそれが本当の自分らしさですよね?

個を出し、共感してもらったり、共通点を感じてもらったり、そうやって親近感や信頼を得て関係性を築いていけば、商品・サービスを選ぶときの選択肢の一人になれます。

だから、商品やサービス、ノウハウばかりを発信するのではなく、自分という人を発信してほしいな〜と思うんです。

藤村先生が、僕がセミナーや塾に申し込んだ時に「なんで来るんだよ!」って思ったそうです(笑)
アメブロでは有名だし、ある程度影響力もあるし、本も出してるし。

僕は、いいものは誰からでも学べばいいと思っています。
例えそれが、同業の方でも、年下でも、ライバルでも。

だって、自分にないものを得られたら視野も広がるし、自分自身の可能性も広がります。

また、僕は同業の方をいいと思ったらブログやSNSで紹介することもあります。
読者にとっていいことだし、業界も良くなると思うから。

そう思えるのも、「ビジネスは戦いじゃない!」ってエクスマで教わったからかな〜
仕事って、本来世の中を幸せになるためにするもので、生き生きと楽しんでやることだから。

10/10には大阪、11/19には東京でエクスマセミナーがあります

エクスマで活躍する人は、本当に楽しそうに仕事をしてます。
是非そういう人たちに触れ合って欲しいな〜

特に10月の大阪はInstagramやってる方は必見です!

【募集中】10月10日(水曜日)エクスマセミナーin大阪|エクスマ的SNS活用セミナー

「ファンが集まるメディア構築」プレゼント

<無料メールセミナー>

ネットでのファン作りを解説したPDF「ファンが集まるメディア構築」をプレゼント!