WordPress無料テーマ「Cocoon」にしてみました

WordPress

内藤です

このブログはWordPressを使っています。
テンプレートとなるテーマを「Cocoon」にして試しています。

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

以前は、こちらの「Lightning Pro」を使っていました。

Lightning Pro
無料版 Lightningから Lightning Pro へアップデートする 簡単にLightning Proへアップデートできます下記のいずれかに該当する方は、以下にご案内する手順にてLightning Proへアップデートできます。無料版LightningからLightning Proへアップデートしたい無料版L...続きを読む

Lightning Proは、WordPress公式ディレクトリに登録されているLightningの有料版テーマで、セキュリティの安心もあったし、管理画面からアップデートもできます。

Lightning Proも使いやすかったですし、周りにも勧めていました。

でも試してみたくなったんですよねCocoonを。
なぜなら、WordPressで有名なテーマ「Simplicty」の後継テーマだから。

Simplicity
内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマを公開しています。初心者でも出来る限り分かりやすく使えるように作成しました。

Simplictyも結構長いこと使ったことがありますが、シンプルで使い勝手が良かったんです。

僕が一番欲しい機能

特に記事下に入れる定型文を、ウィジェットで管理できるのが好みでした。
CTA機能があるテーマも増えていますが、1つしか入れられなかったり、入れ替えが面倒だったり、僕としては使い勝手が良くないのが多いです。

ウィジェットで管理できると「テキスト」を使って、何個も作れるし、並び替えや、不要になったら削除も簡単にできるのがいいです。

Cocoonでも、それは引き継がれています。

ウィジェットで記事下に「テキスト」を使って定型文やリンクを自由における

この機能が僕は欲しくて、Lightningを使っているときも、カスタマイズしてウィジェットから「テキスト」挿入できるようにしていましたから。

Cocoonには標準装備されているのがいいですね。

しかも、投稿本文下だけではなく、

「投稿タイトル上」「投稿タイトル下」「投稿本文上」「投稿本文中」「投稿本文下」「投稿SNSボタン上」「投稿SNSボタン下」「投稿関連記事下」「投稿コメントフォーム下」「固定ページタイトル上」「固定ページタイトル下」「固定ページ本文上」「固定ページ本文中」「固定ページ本文下」「固定ページSNSボタン上」「固定ページSNSボタン下」

こんなにも細かく挿入できる場所があります。

Cocoonの特徴

Cocoonの特徴は、Cocoonのサイトにも書かれていますが、

  • シンプル
  • 内部SEO施策済み
  • 完全なレスポンシブスタイル
  • 手軽に収益化
  • ブログの主役はあくまで本文
  • 拡散のための仕掛けが施されている
  • カスタマイズがしやすい

ということ。

詳しいことはCocoonサイトを見てもらえればなと思いますが、細かいことを気にせずにブログを書けるのがありがたいです。

その他気に入ってるところ

僕が気に入ってるところを紹介しますね。

子テーマが用意されている

Cocoonは、カスタマイズしやすいように予め子テーマも用意されています。

テーマのダウンロード
Wordpressテーマ「Cocoon」の親テーマと子テーマのダウンロードページです。

テーマをカスタマイズする時、直接そのテーマを編集してしまうと、アップデートがあった時にカスタマイズしたものまで上書きされます。

なので、通常カスタマイズ用の子テーマを作って編集します。
そうしておくと、元の親テーマがアップデートされても、カスタマイズしたものはそのまま維持されます。

その子テーマが予め用意されているのは嬉しい。

必要なウィジェットだけの表示にできる

管理画面には、Cocoon独自の「Cocoon設定」があります。

かゆいところに手が届きすぎるくらい、もうなんでも設定できます。

特に気に入っているのがこれ。
ウィジェットです。

外観 → ウィジェット で表示される画面ですが、左側に表示される「利用できるウィジェットの項目」と右側に表示される「ウィジェットエリア」。

通常、使わないものも表示され、多すぎて使いにくいです。
Cocoon設定で、使わないウィジェットやウィジェットエリアを非表示にできます。

必要なものだけ表示させられるからスッキリして使いやすい!

ウィジェットはよく使う場所だから、これは便利。

目次も標準装備

記事の中で、h2やh3などの見出しを使うと、自動的に目次化してくれます。
リンクになっているので、クリックするとその見出し箇所までジャンプします。

プラグインなしで、目次が表示されるのも嬉しい機能ですね。

アップデートが早い

Cocoonはアップデートが早いです。

不具合の対処だけではなく、SEO的に良いとされていることなども、いち早く取り入れられていくので、記事を書くことに集中できます。

まとめ

Cocoonを試していますが、Lightningも魅力的なことには変わりありません。

会社などコーボレートサイトにはLightningの方がデザイン的にあいます。
ブログの更新を頻繁にする人ならCocoon、ホームページとして使いたい人にはLightningがいいかなと個人的には思います。

合う方を試してみてくださいね。

 

WordPressの始め方はこちらから

タイトルとURLをコピーしました