SNSで人気のある人に例外なく言える特徴とは

内藤勲です。

FacebookやTwitter、InstagramにYouTubeなど、SNSで個人で活躍する人が多くなりましたよね。「YouTuber」とか、「インスタグラマー」とか呼ばれる人も増えました。

10年前にこんな風に一個人が活躍するて想像できなかったですよね。

SNSで人気のある人に例外なく言える特徴

SNSで人気のある人に例外なく言えること、それは「人」が見えてるということです。顔が見えるってことではなく、その人の人柄だったり、キャラだったり、世界観だったりが出ているということです。

ファンを作って、コミュニティを築きたいと思っても、『人』が見えないとできません。それに、集まるファンもいち個人の『人』です。

例えば企業アカウントのSNSの発信だって、その会社の人が見えた方がコメントもしやすいです。人が見えない単なるお知らせにはコメントしにくいですよね。

担当の人がいたり、キャラクターを設定して人格を持たせて発信した方が反応も良くなります。

SNSは「人」対「人」のメディアですから。

「誰が」、「誰に」を明確に

どんな人が発信してるのか
また、誰に発信してるのか

これが、ぼや〜っとしていると反応も悪いです。

ですから、

・誰が発信しているのかを明確する
・誰に向けて発信しているのかも明確する

この2点をおさえるのが大切だな〜と。

だから自分を出す

『人』対『人』なわけなので、自分という『人』を伝えないといけません。

僕がいう自分を出すというのは、自撮りをしてアップしまくるとか、どこそこに行って何をしたとか行動スケジュールをさらせってことではないです。

これ勘違いされやすいですが、

自分がどんな人かが分かるようにするということです。

例えば僕は、物事に対する僕なりの考えを書いたり、好きな風景の写真を出したり、ちょっと考えさせるようなメッセージを添えたり、大曲の花火をアツく語ったりしてます。

すると、僕という「人」のイメージができてきます。『内藤はこういう人なんだな〜』と。

商品の告知文章や、ノウハウの説明文章からは、なかなかその人のイメージが湧いてこないです。それじゃファンはできないですよね。

だからSNSでは、プライベート的なことや、エピソードも書いたらいい。

万人にうけることなどない

みんなに伝えようとすると、誰にも響きません。

万人にうけなくてもいいのです。万人にうけるものなどないですから。

何を発信しても、必ずネガティブコメントや反対意見、批判はでます。必ずです。
一方で、必ず賛同してくれる人や共感してくれる人もいます。必ず。

どちらに向けるかです。

個人が活躍できる時代ですから、自分という人を出していきましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください