QuickTimeを使ってMacでiPhoneの画面を見る

内藤です

MacのQickTimeって、iPoneの画面をMacに映すことができます。
(Mac OSはYosemite)

MacとiPhoneをLightingケーブルでつなぎます。 充電用で使っているケーブルですね。

QuickTimeを開き、画面上のツールバーの『ファイル』⇒『新規ムービー収録』をクリック
1

録画ボタン横の▼からカメラを『iPhone』にすると、iPhoneの画面が映しだされます。

さらに、ツールバーの『ファイル』⇒『新規画面収録』から、画面内を録画できます。

iPhoneの操作方法など、Mac上で撮影できるということですね

他にも動画解説に嬉しい機能

また、撮影後の再生すると、Macのマウスで左クリック、右クリックした時にはポインタも表示されます。(撮影時には表示されません)

左クリックの時には、黒ポインタ

右クリックの時には、緑ポインタが表示されます

さらにマウスを指1本でダブルタップすると、拡大されて表示されます。

↓ ダブルタップすると拡大されて表示

画面を見せて解説動画撮るときなど便利ですね

お試しください

Facebookとブログを使ったファンの作り方&事例集

Facebookとブログで、ファン作りがうまく行っている事例集とメディアの構築法をプレゼントいたします

募集中のセミナー

■ネットでファン塾 4期募集中
WordPressとSNSで、「あなたから欲しい」といわれるメディア構築講座
詳しくはこちらから

■1/21 金沢
自然体で楽しみながらブログやfacebookで発信するセミナー

■3/18 名古屋セミナー


内藤勲のプロフィールはこちら

Facebookとブログを使ったファンの作り方&事例集

 

TwitterやFacebookでも発信しています