facebookの投稿もバランスが大事

内藤です

facebookの投稿で、反応のいいもの、そうでもないものってありますよね。

例えば、自撮りなどの顔写真が載った写真はいいねもされやすく、リーチも伸びます。風景とか食べ物とか動物なんかの写真もいいですね。

でも同じような投稿が続くと飽きられます。

特に自撮り写真は、自然な感じの自撮りならばまだいいのですが、キメッキメの写真ばかりが続くと、飽きるどころか敬遠する人も増えます。

投稿を見た人は、発信した人のイメージを描きます。「この人はこういう人なんだな」と。

このイメージしてもらうということが、僕がよくいう『自分を出す』ということの理由です。

何も発信しなければ、「この人はこういう人だな」と相手にイメージしてもらうことはできません。

でも偏ると、「またこれか」とか、「どんだけ自分好きなの?」とか、「もういいや」と思っちゃいます。。

色んな自分を見せた方が、本当の自分にイメージが近づきます。

なので、僕はなるべく偏らないようにいろいろ織り交ぜるように心掛けます。

田舎風景だけではなく、ブログのリンク投稿したり、大曲の花火ネタを書いたり(笑)

そうすることで「内藤はこういう人」というのが伝わっていきます。

いいねの数を増やすためではなく、自分を知ってもらう、ファンを作るためです。

色んな投稿がある方が共感ポイントも多くなります。自撮り写真ばかりだと共感はなかなかされません。内輪やおはようおじさんからしか反応されなくなってしまいます。

全てをさらけだせってことではないですが、いろいろな自分見せたいですね。

自然体で自分らしくビジネスをするメールセミナー

自然体で自分らしくビジネスをするための、5日間メールセミナーを用意いたしました!

さらに、図解で分かりやすい「自然体で自分らしくファンを作るメディア構築」無料ebook(42ページ)もおつけいたします。