ファンになる人がいるのにFacebookをやめるのは、ファンがいらないということ

内藤です

ブログを使ってビジネスしているのに、「Facebookやりません(やめます)」などと言う方がいます。

な、な、なぜでしょう?
面倒臭くなった? (笑)

自分のお客さんになるかもしれない人や、ファンになるかもしれない人がFacebookをやっていないならいいですが、そうじゃなきゃ凄いマイナスです。

Facebook離れとか言われたりしますが、それでもお金を持っている大人の層はまだまだ多いです。

Facebookやらない(やめる)って、ファン減らしますって言ってるようなものだと思うんですよね〜。

facebook-timeline-76533_640

Facebookの良さは色々ありますが、ファン作りになぜいいか、ちょっと書いてみます。

認知してもらいやすい

Facebookは、自分の存在を知ってもらいやすいです。まだ知らない人の目にも触れられやすいとも言えます。

ブログは、見つけてもらって来てもらわないといけません。

Facebookは、他の人の投稿とも混ざってしまいますが、多くの人の目に触れられるチャンスが多いです。しかも、相手が探していなくても、友達の繋がりなどで目にする事があります。

わざわざ探してブログに来てもらわなくても、Facebook上で存在をより多くの人に知ってもらえます。

facebook-390479_640

コミュニケーション(反応)が取りやすい

Facebookは、人とコミュニケーションをとったり、反応をもらうのが簡単です。

例えば、メルマガで返信もらったり、ブログでコメントもらうよりも、Facebookでコメントもらう方が多くないでしょうか?

Facebookがまだなかった頃はメルマガで返信もらったり、ブログでコメントもらうことってありましたが、Facebookが出てからは少なくなりました。

それほど、Facebookの方が手軽で気軽だからです。これほど相手の反応がわりやすいものはないです。

『いいね』はもっと手軽で気軽な反応ですよね。
また、シェアなら周りに広めてくれることになります。

ですから、Facebookをやらないのは、大げさに言うと、ファンの反応を無視するということに近いです。

相手が分かる

Facebookは実名ですから、自分が誰かが分かります。
名前が分かった方が安心できますよね。信頼度も高まります。

相手が誰かもわかりますから、冷やかす人も出来にくいです。

ブログをやるにしたって、ブログ単体ではしんどいです。
今スマホでアプリを使っている時間の方が、ウェブのブラウザを使うよりも長いと言われていますから。

FacebookなどのSNSが起点になることが圧倒的に増えてるわけです。つまり、Facebookなどと組み合わせて連携させられる人が今は強いです。

Facebook。やらない理由なくないですか?