アメブロで人気になるにはどんな記事を書いたらいい?【基本から解説】

アメブロ

内藤勲です。

最近こちらの記事のアクセスが増えています。

・アメブロのアクセス解析の見方と見るべきところ

アメブロのアクセス解析の見方と見るべきところ
アメブロのアクセス解析をどう見てどう活かしたらいいか? 質問をいただいたので解説しますね。 ただアクセス数だけ見てても『今日は少ないな〜』くらいしかわかりませんので。

「アメブロで人気になるには、どんな記事を書いてアクセスを増やしたらいいだろう?」

こんなことを思っている方が多いのではないでしょうか。

今回はアメブロに限らず、読まれるブログにするための基本を解説します。

アメブロで人気になるにはどんな記事を書いたらいいか

読まれるブロクにするために以下のことを意識しましょう

  • 自分のために書いた日記ではなく、読者が喜ぶ記事を
  • 専門性の高いブログにする
  • 1記事につき、1つのテーマについて書く
  • 1記事につき、ひとりに向けて書く
  • 1記事につき、1つのキーワードを選んで書く
  • 自分を出す
  • 読者がストレスのない言葉、表現を使う
  • 見た目よりも、中身!

「検索で上位表示されるブログ」、「アメブロ内やSNSでシェアされるブログ」に共通することは、読者にとって役立つ情報があるということです。

読者に役立つブログは、毎日更新せずともアクセスが集まるブログになります。

ブログに書いた情報は、読まれて初めて価値になる

ブログの記事は、読まれてこそ価値になります。
読者が読みたいと思わなければ、価値のない情報発信になります。

だから自己満足なだけのブログではなく、相手に喜んで読んでもらえるブログ作りが必要です。

自分目線ではなく、読者目線になりましょう。

人気になるブログになるためには、読者が欲しい情報があるという大前提があります。

そして、そのためには

①誰に向けるか?(どんな人に)
②情報は何か?
③どうなるのか?

を明確にしましょう。

さらに加えて

④自分を出す
⑤どんな行動をして欲しいか明確にする

ということも必要です。

④の「自分を出す」というのは、お客様はなぜ自分から買う必要があるのか?
自分という「人」を出して、選んでもらえるようになるために必要なことです。
決して自撮りするということではありません(笑)

一つ一つ見ていきましょう。
実際に書き出してみるといいですよ。

①誰に向けるか?

①-1 誰に向けるのか? どんな人に向けるかを明確にしよう

向ける相手を決めます。

「40代女性」などではなく、どんな悩みを持っている人か? どうなりたい人か? で設定します。

例えば、
「英語で話せるようになりたい人」
とか

「TOEICで800点以上とりたい人」
とか

①-2 その人は何に悩んでいる? どうなったら喜ぶか?

①−1で設定した人の悩みや欲求を考えます

例えば
「仕事で英語を使う機会があるが、思うように英語が出てこない」
とか

「転職するのにTOEICで800点以上はとっておきたい」
とか

※図をもう一度だしておきます

②提供する情報は何か

ブログで発信する情報はなにかを明確にしましょう。

例えば、
「TOEICの学習方法」
など。

③その情報でどうなるか?

利用した未来の姿を書き出そう

例えば、
「TOEICで800点以上とっている」
など。

これは①-2で出てきた悩みを解決しているものになります。
読者は情報の先にある状態になることを望んでいます。

例で言うと、TOEICで800点以上とっている姿です。

再度②の打ち出し方の見直してみよう

「TOEICの学習方法」

「TOEICで800点をとるための学習方法」

のように、より具体的な打ち出し方ができます。

この容量で、読者の悩みを解決する記事を増やしていくと、「役立つブログだ!」と認識され人気になります。

④自分を出す

読者はなぜ自分のブログを読む必要があるでしょうか?

誰の情報を読むのか? その「誰」になるために自分をだしましょう。

具体的には、自分の人柄を表すことやエピソードを出してみます。

例えば
「留学経験がある」
とか

「TOEICで300点以上アップして800点超えた経験がある」
とか

「アメリカをヒッチハイクで旅したことがある」
とか

こうすることで、自分にしか書けない情報になりますよね。

具体的な情報になりますし、人が見えて親近感、信頼感も高まります。
自分の経験を出すことで、「情報」+「人」で見てもらえるようになります。

それから、経験談はプロフィールにも使うことができます。

良い部分ばかりではなく、できなかった話や挫折経験など、弱い部分や人間くささが見えた方が信頼にも繋がります。
自分という「人」を見せて、ファンになってもらいましょう。

⑤どんな行動をして欲しいか?

記事を読んだ読者にどうして欲しいか明確にしましょう

⑤-1 読者にとって欲しい行動は?

例えば
「TOEICレッスンの申込んでもらう」
とか

「メルマガに登録してもらう」
とか。

⑤-2 そのために必要なページや情報は?

「とって欲しい行動」をしてもらうために、必要なページや情報を出します。

「レッスン詳細ページ」
「お客様の声」
「メルマガ詳細記事」

など。

役立つ情報を発信していると、読者は関心が高まります。
次の行動も起こしやすくなりますので、行動を促すものは必ず用意しておきましょう。

最後に

アメブロで人気になるには、どんな記事を書いてアクセスを増やしたらいいだろう?

という悩みに対して必要なことを紹介しました。

アメブロに限らず、ブログやSNSにも共通する点がありますので参考にしてみてくださいね

タイトルとURLをコピーしました