アクセスが集まりそうな記事よりも、役立つ記事を発信しよう

内藤です

「この記事書いたらアクセス集まるなぁ ウッシッシ」と思って書くよりも、「この記事書いたらきっと誰かの役に立つな」と思って書く方がいいです。

もちろん、アクセスが沢山来たら嬉しいのですが、「アクセスが集まる」を目的にしてしまうと、自分のメリットだけを考えた視点になります。

するとインパクトのある”釣り”のタイトルになったり、大げさな表現になったり、その時だけのアクセスで終わったり。

アクセスが集まるというのは、「結果」であり、読者目線にたった、「役立つことを提供する」ことが目的になるべきです。

役立つことを発信していれば、結果長くアクセスが来るようになります。

アクセスが目的なら、時事ネタを書いていればいいわけで、そうしたら自分のテーマとかけ離れていきます。(時事ネタを書くのがダメということではありません)

薄い読者しか付かなくなります。

経験談こそ役立つ

自分のしくじり話、うまくいった話は、誰かの役に立ちます。

なぜって、経験した話って重みがあるからです。

病気したことのない人よりも、実際に病気になったことのある人の言葉の方が重く、参考になります。

見た事のない花火よりも、見た事のある花火の方が、その本当の凄さを伝えられます。

アメブロ削除されたことのない人がいう注意よりも、実際に削除された経験のある人の注意の方がグサッときます(笑)

だから経験したことのないことを教科書的にキレイに話すよりも、どんな自分では大したことないと思うような、小さな経験でも話した方が聞いてもらえます。感じてもらえます。

「成功はあまりないけど、失敗談なら山ほどある(笑)」

という人は、ラッキーです。成功だけが役立つ話じゃありません。
失敗が山ほどあるなら、それだけ役に立つ発信ができるってことですから。しかも自分の言葉で。

だから経験は無駄ではなく、全てに繋がる。やっちゃえ、自分!です

自然体で自分らしくビジネスをするメールセミナー

自然体で自分らしくビジネスをするための、5日間メールセミナーを用意いたしました!

さらに、図解で分かりやすい「自然体で自分らしくファンを作るメディア構築」無料ebook(42ページ)もおつけいたします。