ブログでも、SNSでも読みやすさが肝心

内藤勲です。

前回のブログ記事で、アメブロは「ブログ」としての使いみち、「SNS」として使いみちがあることを説明しました。
まだの方はこちら読んでみてくださいね

商用利用OKになったアメブロとWordPressの使い分け

でですね

「アメブロはSNSとしても使えるのですね!?」

というお声を何人かからいただきました。

そう、アメブロはブログの要素も、SNSの要素もあります。

アメブロはブログであり、SNSでもある

ブログ的要素というのは、記事が書けて、1記事1記事が蓄積されていきます。
1記事ごとにURLがついて、検索にもヒットするようになります。
このあたりがブログ的な要素。
WordPressも一緒ですよね。

一方、SNS的要素とは、アメブロ(Ameba)ユーザー同士がフォローしあって繋がれるところ。
フォローしたブログが更新されると、管理画面に更新情報が流れてきます。

そのあたりがSNS的要素。

アメブロはショッピングモールに出店するようなもの

そして、アメブロ内にユーザーが既に沢山います。
ニールセンが出しているデータでは2018年のモバイルでの月間利用者はAmebaは2566万人。

TOPS OF 2018: DIGITAL IN JAPAN ~ニールセン2018年 日本のインターネットサービス利用者数ランキングを発表~ | ニュースリリース | ニールセン デジタル株式会社

つまり、アメブロは既に人が集まっている中で発信ができます。
既に人通りがあるショッピングモールに出店するようなものです。

WordPressは、SNS的要素がなく、人通りのない道に自社店舗を構えるようなものです。
だから、認知されるまで時間がかかります。

ね? アメブロはSNS的でしょ?

WordPressをブログやメインのサイトとして育てていくなら、アメブロはSNS的に使うと効果的です。
アメブロ内のコミュニティに、知らせることができますから。

アメブロが商用利用可能になって、メインのブログにもしやすくなりました。
ブログとして使うのか、SNSとして使うのか、それは人それぞれだと思います。

ちなみに僕は、SNS的に使います。

それでも読みやすいようにカスタマイズもしてます^^

今日から「初心者にもできるアメブロカスタマイズ」をリニューアルし「アメブロカスタマイズ 読まれるブログの作り方」にして販売開始しました。

ブログでも、SNSでも読みやすさが肝心です!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください