自分をどこまで出せばいいのか?自分を出す意味とは

内藤です

SNSやブログで自分をどこまで出せばいいのか?

こんな風に悩むことはないでしょうか。

今日観た映画「見えを張る」の主人公の女性もなかなか自分を出せない子でした。

自分を出す意味とは?

僕はよく「自分を出しましょう」と言っていますが、メルマガ読者さんから質問をいただきました。

自分を出していくこととが大事だどいうのは、わかりましたが、どこまで出したらいいのか、の加減がイマイチわかりません。

割と波乱万丈な人生を送ってきてそのプロフィールはサクッとかけました。が、普段書く文章にエッセンスを取り入れるとなると、加減を知らない極端な性格なので読み手にひかれてしまうのでは?と思います。

(中略)

自分の感覚では思い切りはっちゃけて書くのがワクワクするんですが。それは自己中なんだろうかと。

相手のために自分を出す

僕が言う「自分を出す」というのは、自慢(不幸自慢)するためでも、自己満足するためでもありません。

「自分の経験を誰かのために役立てる」という視点が必要です。

つまり、自分を出してもそれは一方的なことではなく、相手を意識して共感してもらったり、参考にしてもらうってことです。

では、なぜ、情報だけではなく、「その人」が分かるようなことも乗っけて発信した方がいいかというと、その情報の重みや伝わりかたが違ってくるからです。

例えば、こちらの「Facebookで自己開示する効果や得られるメリット」でも書きましたが、

「信用が大事なんだ」

という、ただの8文字の情報よりも、堀江さんの失敗談や経験、人柄を知った上で聞く

「信用が大事なんだ」

では、全く重みも説得力も違います。

堀江さんという人を知れて共感できたから、その言葉がズシンときます。

「自分」という人や、経験、エピソードを知って貰えた方がいいわけです。でもその時に、「自分のための自分を語る」のではなく「相手のために自分を語る」ということを意識して欲しいです。

自分を出すから信頼も共感も得られる

だから「自分を出す」というのは、自撮りしてアップしろってことではないですし、いやな事まで全てをさらけ出せってことでもありません。

自分のこの経験が役に立つ人がいるかな?
同じ経験した人、同じように思う人がいるかな?
自分の過去の経験を、今まさに経験している人がいるかな?

という想いで出すべきです。

そうしたら、共感される文章になります。

人はそれぞれ他人に対して信頼の貯金を持っています。
どういう人か分からない人に対しては信頼の貯金も低いままです。
「人」が見えるから信頼の貯金も上がってきます。(人が見えて下がる場合もあります)

Facebookでは、自分を見せることが目的になってしまっている人を時々見かけます。
「自分を見せる」ことが目的ではなく、伝えたいことを信頼して受け取ってもらうために自分を見せましょう。

関連記事:Facebookで得るべきものは、いいねの数や売上ではなく3つの「感」

じゃあ、どこまで自分を出すの?

自分を出すのが大事だというのはわかったけど、じゃあ、どこまで出したらいいの?

僕が「自分を出しましょう」というのは、何も全てをさらけ出せってことではありません。
出したくないことや、出すことで信頼をなくすようなことは無理に出す必要はありません。
別に、夜遊びをいちいち出す必要も、スッピンをさらけ出す必要もないです(笑)

自分という人間が、どんな考えを持っていて、どんなことが好きで、どんな人と交流があって、どんな経験をしてきて、どんなこだわりがあるのかなどを伝えることです。

どん底を経験したことがあったなら、それを出すことで勇気づけられる人がいるなら出したらいいと思います。
ドジな部分も見せると親近感を感じてもらえます。

貯金残高0円を出した長部夫婦は、出したことでファンがさらに増えました。
なかなか出来ないことですが^^;

関連記事:通帳残高0円の夫婦を救ったSNS

自分をどこまで出せばいいのか?自分を出す意味のまとめ

ネット上で、かっこよく、欠点がないように演出したら、実際に会った時にボロは出せなくなります。
ダメな部分も含めて好きになってくれる方が、いいファンだと僕は思います。

それにその方が自然体です。完全無欠の人間なんていませんから。

自分の人間くささ出しましょう。
出せるところからね。

個人ビジネスのためのWEB集客の教科書

個人でビジネスをしている方向けに、SNS、ブログ、メルマガを組み合わせたWeb集客法をまとめています。

・売り込まずに喜んで買ってもらえる仕組み作り
・資産型ブログの作り方
・「あなたから欲しい」と言ってもらえるファンの作り方

など、101ページ(PDF)にわたって解説しています。