「あなたから欲しい」という理由は、情報と人が見えるから

ネットでファン

内藤です。

昨日我が家はパスタ祭りでした。

昼は
・たらこパスタ
・水菜とソーセージ入りペペロンチーノ

夜は
・ボロネーゼ
・カルボナーラ

の合計4種類。

パスタ大好きな僕は大満足でした。

さすがに4種類一気に作るのは大変です。

つくる順番は綿密な計画を立て(笑)

第一部(昼)
たらこ、ペペロンチーノ

第二部(夜)
ボロネーゼ、カルボナーラ

にしました。

この組み合わせにしたのも

・ソースを後からのせるもの、混ぜるもの
・フライパンで作るもの

とするためです。
こうすると2種は一気に作れるので。

午前中のうちに夜分のボロネーゼを作っておいたので、スムーズに作れましたよ。

なぜこんなに作りたくなったかというと、以前ブログ記事も書いたのですが、この動画を見たのがきっかけ。

巨匠 日髙シェフ【ボンゴレビアンコ】イタリア料理界のレジェンド

イタリアンの巨匠が惜しげもなく、ボンゴレビアンコの作り方を紹介しています。

この動画を見てボンゴレ作ったら、めちゃめちゃ美味しくできんです。

それ以来、日高シェフの他のパスタの動画を見てたら作りたくなったというわけ。

たらこパスタの動画はありませんが、ボロネーゼがこちら↓↓

巨匠に教わる【ボロネーゼ】日髙良実シェフに教わる

カルボナーラがこちら↓↓

巨匠に教わる【カルボナーラ】日髙良実シェフのカルボナーラ2種

ちなみにペペロンチーノは日高シェフじゃなくて、こちらの動画

料理研究家が辿り着いた最高の一皿【至高のペペロンチーノ】

これら動画のおかげで美味しく作ることができました。
それぞれパスタの種類を変えたり、具を足したりとアレンジはしています。

日高シェフにしても、料理研究家のリュウジさんにしても、素人の僕らが家で簡単に作れるようにレシピを紹介してくれてるから作ろうって思えます。

作るのに、プロ仕様の機材がないとできないとか、手間がめちゃめちゃかかるとかなら真似しません。

本当はこういうレシピは出したがらないはずですが、本人が出て惜しげもなく公開されてますよね。

そうすると

「作ってみようかな」
「他の動画も見てみたい」
「お店にも行ってみたいな」

など思います。

ただの情報だけじゃなく、自分も出そう

今回紹介したように有名なシェフがYouTubeでレシピを公開したり、人気動画クリエイターが作り方を細かく解説したりしてるので情報は沢山あります。

以前は有料級の情報が無料で手に入ります。

情報そのものの価値って、あっという間に下がります。自分が隠しても、どこかで誰かが出してたりします。

だからこそ、モノや情報じゃなく、「あなただから」という理由で選ばれるようになりたいです。

そのためには、

・相手が喜ぶことを発信
・自分を出す

ってことが大事です。

「情報」と「人」、両方見えるから、「あなたから欲しい」って言ってもらえます。

特に今は、みんな発信して情報がさらにあふれてますからね。

情報だけではなく、自分という人も出しましょう。

タイトルとURLをコピーしました