【活用事例】Facebookを楽しく使ってビジネスに活用しよう

アイキャチ画像で使った写真は、去年「楽しい発信」をテーマにして行った沖縄合宿の一コマ。

ここ最近、メルマガやブログで、Facebookの使い方についてアレコレと書いています。簡単にいうと、ビジネス活用するにしても相手が喜ぶ発信をしようぜ、ってこと。

相手が嫌がるような使い方をして、Facebook離れしてしまうのはもったいないから。発信側も、受け取り手側も疲れてしまったらFacebookは廃(すた)れてしまいます。

Facebookをビジネスに活用するには

Facebookは何かを探したり、何かを買う目的で使いません。だから、告知ばかりしたり、売り込んだりしたら嫌がられます。

じぁ、Facebookをどう活用するかと言えば、「関係性作り」です。
自分がどんな人で、どんなことをしてる人かを知ってもらい、繫がりを持つ場です。

関心を持ってもらい、ブログやホームページにつなぐ。そして、商品・サービスに関心を持ってもらう、という流れです。

関係性を作るには、時間がかかります。
しかし、「あなたから欲しい」と言ってもらえる関係になりやすいです。

Facebookをビジネスに活用して、うまく行っている方の事例をリンクしておきます。参考にしてみてくださいね。

3週間先まで予約が埋まる山梨のヘアスタイリストさん

山梨でヘアスタイリストをされている木暮弥生さん。

Facebookでは、サロンの宣伝をするのではなく3つのことを意識した発信が仕事に繋がっています

→ facebookが仕事につながる3つの発信

Facebookページからブログ、メルマガ読者を増やしアロマの商品を販売

お薬を減らしたいママのための自然療法スクールをされている原亜紀子さん。

Facebookページを活用し、アロマに興味関心のあるブログ読者、メルマガ読者を増やしています。メルマガで商品の販売をすると、1時間で100セット販売することもあるほど。

→ ファン作りに欠かせない「こだわり」とは

Facebookに集合写真を載せて集客成功

コブ斜面専門のスキースクールを運営する小保内くん。僕と元同僚です。

彼がアップし続けたのは、レッスン風景ではなく、楽しさの伝わる集合写真でした。

→ メール1通で200件の予約が入るスキースクールがやっていること

初めての土地にも関わらず、オープン8ヶ月で1ヶ月先の予約がほぼ埋まるピラティススタジオ

名古屋でピラティススタジオを営む古澤麻衣子さん。

馴染みのない土地でもお客様が来てくれるようになったのはFacebookで

・どうなるかを見せる
・自分がどんな人かを見せる
・どんなことをしている人かを見せる

を発信しつづけたから

→ 10月の予約枠が9月の時点で9割埋まるピラティススタジオ

全国の花火好きが集まる秋田のお酒屋さん

僕の大好きな大曲の花火の地でお酒屋さんをいとなむ小西さんほ

Facebookで大好きな花火とワインのことを発信しています。個性あふれる発信でファンが増え、花火好きから愛されるお酒屋さんになっています

→ 酒屋なのに全国の花火好きが集まるお店がfacebookでやっていること

最後に

事例で紹介した方々は、売り込んでいるワケではありません。人柄が見える投稿でファンを作っています。

売るよりもまずは関係性作りです。参考にしてみてくださいね。

「ファンが集まるメディア構築」プレゼント

ネットでのファン作りを解説したPDF「ファンが集まるメディア構築」をプレゼント!
ブログ更新をメールで受け取る